スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
【洋楽】ケルティック ウーマン
カテゴリ: 04.音楽関係
 
10月14日 東京国際フォーラムA

 当日 荒川 静香のエキジビションを見てから、ケルティック・ウーマンの「You raise me up」をぜひ生で聴いてみたいと思っていました。思ったよりもそのチャンスは早く来て、8月にぴあでチケットを予約。でもかなり早く予約したのに、東京国際フォーラムAの33列目。やっぱり、売れ筋チケットは店頭に行ったほうがよいのかも~。
 当日は6時開演。客層は40代~50代が男女とも多いという感じ。カップルもあり、一人で来ている人もあり。友人同士というのももちろんあり。思ったよりもコンサートはバレエとか劇に近くて、歌の中にドラマがあるという感じ。コンサートでの観客をインストラクトするキーマンになっているのは、フィドルのマレードさん。
 彼女はまるで妖精のように舞台でステップを踏みながらフィドルを弾く・・・とそこに視覚的なリズムと舞台に統一感が生まれてくるんです。あれだけ跳ね回っているのに、フィドルの音がぶれていない・・・。
 ただ、歌って終わりかなと思っていたのですが、想像以上に躍動的な舞台でした。
 
 まだ若干17歳のクロエさん、声が甘い~。すばらしいソプラノ。
 リサさんはミュージカルの歌唱法でSend me a songを歌い・・
 メーブさんはクラシックの歌唱法・・・。
 オーラさんは古いゲール語を操り、ゲール語の歌を歌う・・・・
 
 最後は国際フォーラムA全体、観客総立ちとなりました。
日本で初めてのコンサートにも関わらず・・・。次回来日したら、今度は友人達を誘っていきたいと思います。

■関連リンク■
http://www.toshiba-emi.co.jp/st/artists/celticwoman/



スポンサーサイト
編集 / 2006.10.16 / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
【カバー】哀 戦士・Z×R -Richie Kotzen
カテゴリ: 04.音楽関係
 ロックバンドでギターをやる人なら、絶対知っているといっても過言ではないのが、元Mr.Bigのギタリスト、Richie Kotzen。彼はキアヌがやっていたDogstarでリードギター&ボーカルをやっていたブレットのお友達だったそうで、アメリカのライブハウスで彼の演奏を聴いたことがあります。難しいフレーズも難なくこなし、さらに叙情。
 私はギターを弾かないので彼のギターをどう表現していいのかわからないけれど、ギターテクの教本には彼が方々顔を出しています。そんな有名なギタリストがなんと「ガンダム」のカバーを作りました。
 発売されたのは3月22日、宮川先生の訃報の後だったので、混乱してしまい、入手が遅れてしまったのですが、周囲のアニメオタクに聞かせると必ずにんまりされます。
 
 「こいつ本気でガンダム歌っている」
 
 まさにそのとおり。そして、歌詞カードにはこんな言葉・・・・。


ガンダムとの出会いは衝撃的だった。
志を持ちながら、強く激しく戦い、美しくも哀しく散った戦士たち・
英語版ムービーコレクションを見つけて、そのときからのめりこんだんだ。
「哀戦士」を聞いたとき、すぐにこれをロックにしてみたいと思った。
幾多の時代を駆け抜ける、白いモビルスーツの伝説を、
ロックミュージックを通して世界に伝えたいと思ったんだ。
長い間の僕のこの想いが本当に実現するなんて、運命としか思えない。
ここに選んだ曲はどれも、僕にとって特別の思い入れがある曲なんだ、
それをカバー曲集として発表することができるなんて、感無量だ。
そして3曲の僕のオリジナル曲を
逆境での戦いから明日(Newday)へのブリッジにしたいと思う。


このアルバムを愛する者のために宇宙で戦死したものに捧げたい。

無駄にはしない。
君達の信じた未来は今から始まる。

                リッチー・コッツェン


リッチー・コッツェンの曲が好きで特に「SLOW」という アルバムが私のお気に入りベストだったのですが、まさかまさか彼が「ガンダム」を歌うとは~。








編集 / 2006.09.01 / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
【サウンドトラック】ワイルドスピード3 X3 TOKYO DRIFT
カテゴリ: 04.音楽関係
ワイルドスピード3 
原題: The Fast and the Furious: Tokyo Drift
作曲家:Brian Tyler

 ロバート・コーエン監督が手がけた「ワイルド・スピード」「ワイルド・スピード2」。第三作をを担うのは台湾出身のJustin Lin監督。今度のワイルド・スピードは原題が示すとおり、なんと東京が舞台となっています。音楽をてがけるのは、Brian Tyler。ふと
何気なしにこの映画のサウンドトラックを買ったのですが、けっこうイイのです。

 斬られる空気・・・・

 スピード感を表現するのは、「斬られる空気の音」をどう表現するかだと思うんです。

想像してみてください・・・・。

 たとえば、ある駅で通過する「のぞみ」の音
 ジェットコースターで耳元を掠める風
 耳元を掠める蜂のかすかな羽音
 川面を飛んでいくギンヤンマ


  こういう音を表現するのは弦楽器というのが昔から定番のようです。

 ハチャトゥリアンの「剣の舞」・・・・
 昔、キアヌ=リーブスとサンドラ=ブロックの「スピード」のBGM

 それに加えてジュノ・リアクターばりのテクノ、打楽器、管楽器が重厚さに重厚さを加えて男の闘争心を煽る・・・そんなアルバムです。

■関連サイト■

ワイルドスピード X3 TOKYO DRIFT(オフィシャルサイト)




編集 / 2006.08.28 / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
プロフィール

リトル★ダック

Author:リトル★ダック
今、ここにいる自分、明日どこかにいる自分、そんな自分の合計が一生になっちまうんですねぇ~。














仕事が楽しくなる名言集

presented by 地球の名言

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。