スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
イベント:ヨコハマ映画祭(2007年2月4日)
カテゴリ: 未分類
ヨコハマ映画祭


今年も行ってきました。ヨコハマ映画祭。こちらに引っ越してきていの一番に知ったのがこの映画祭。第25回からずっと参加して今回は4回目の参加です。いちばん最初は一人で参加していたので、1日関内ホールに缶詰になっているのがつらかったのですが、hyoutanさんを誘ってみたら、「とてもおいしい映画祭」と思っていただいて、昨年からmacchiさん、katsuraさん、今年はまた別のお方も参加しました。
 この映画祭のおいしいのは、良品の日本映画を見ることができる、そして、受賞した俳優やスタッフのコメントを生で聞くことができるというのが、映画好きにはたまらないイベントです。今回は受賞状況をレポートしますね。

ヨコハマ映画祭

《タイムスケジュール》

11時00分~ 『フラガール』
1時25分~ 新作映画紹介
2時00分~ 授賞式
4時15分~ 『ヨコハマメリー』
18時00分~ 『ゆれる』

《受賞》
■作品賞
製作:『ゆれる』製作委員会 シネカノン配給
監督・脚本:西川美和 撮影:高瀬比呂志 照明:小野晃 音楽:カリフラワーズ
出演:オダギリ ジョー、香川照之、伊武雅刀、新井浩文、真木よう子、木村祐一、蟹江敬三

■最優秀新人賞
 吉高 由里子 「紀子の食卓」
 「紀子の食卓」で受賞した。実は「紀子の食卓」を見ていないのですが、生で拝見したお姿はとても線の細い美しい女性でした。


 松山 ケンイチ
 「デスノート 前編」「デスノート the Last name」「男たちの大和/YAMATO」「親指さがし」 
 
 
今日はこの人をみるために全国津々浦々からファンが横浜に結集しました。どうも近辺のホテルに泊まって、1日前から並んでいた模様。舞台に現れた松山さんの顔を見て、お決まりの黄色い声があがりました。役柄とは違って、控えめな感じがしました。受賞が終わると一心不乱にヨコハマ映画祭のパンフレットを見入っている様子が印象的でした。

 「作っている最中は、現場ではどんな反応をするか、時間差があるので、全くわからないんですが、賞をいただけてよかった」というよいうなことを言っていました。そうですね。

 役作りについて聞かれると、特に 「YAMATO」は熱っぽかったです。

 「僕は戦争のことは全く知らなくて、太平洋戦争も知らないし、ベトナム戦争も関心がなかった。でも、この映画で犠牲になった人たちの心を代弁することができたらなと思って頑張りました」というようなことを言っていました。この映画については特別な思い入れがあったようです。
 

■助演女優賞
 吹石 一恵 「雪に願うこと」「手紙」「明日の記憶」

 中村 優子 「ストロベリーショートケイクス」

 
『義母がこの映画を見に行きましたが、また2回目も見に行きたい』といってくれました。
 


■助演男優賞 笹野 高史 「寝ずの番」「釣りバカ日誌17 あとは能登なれ ハマとなれ!」「アダン」「地下鉄に乗って」

■主演男優賞 香川 照之 「ゆれる」(欠席)

■主演女優賞 蒼井 優 「フラガール」「ハチミツとクローバー」(欠席)
■撮影賞 石井 勲 「ストロベリーショートケイクス」

 ストロベリーショートケイクスの舞台裏を紹介していました。この監督のプロジェクトはとても雰囲気がいいそうで、撮影賞を獲得した石井さんも「美人が多い」ってなことをおっしゃっていました。


■新人監督賞 中村 高寛 「ヨコハマメリー」

■脚本賞 西川 美和 「ゆれる」
■監督賞 西川 美和 「ゆれる」

実は第25回ヨコハマ映画祭に初めて出席して、そこで上映された西川監督の「蛇イチゴ」にノックアウトされました。家族の死をきっかけにいろいろな「嘘」が暴露されていく中、真実だったものはというものだったのですが、作品の登場人物には共感できるし、描いているものが温かさも感じるということで、この映画で日本映画見直しました!!第25回のヨコハマ映画祭のときには、「賞金をどうされますか?」との襟川クロさんの問いかけに「今、撮影しようという映画があるので、その資金にあてます」とのことだったのですが、それが「ゆれる」。実にかわいらしい感じの監督でした。今回、欠席された香川 照之さんのトロフィーも受け取られていました。「監督のお仕事ってどんな感じですか」というような質問に「現場ではあまり目立たない監督なんですよ」と答えていらっしゃったのが印象的でした。恐らく俳優の方々が演技をしやすいように気を配っているのではと思います。またカットカットの入れ方が巧み。半分に切られたトマトの断面、異様に長いロングのショット・・・、それぞれが計算されたものでありながら、演技は自然でとても共感できるものでしたから。すばらしい感性を持った監督だと思いました。


■審査員特別賞 「ヨコハマメリー」 中村高寛監督 作品

■関連リンク■
ヨコハマ映画祭
インタビュー ヨコハマ映画祭実行委員長 北見秋満:ヨコハマアートナビ
スポンサーサイト
編集 / 2007.02.25 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
イベント:ヨコハマ映画祭(2007年2月4日)
カテゴリ: 07.イベント
ヨコハマ映画祭


今年も行ってきました。ヨコハマ映画祭。こちらに引っ越してきていの一番に知ったのがこの映画祭。第25回からずっと参加して今回は4回目の参加です。いちばん最初は一人で参加していたので、1日関内ホールに缶詰になっているのがつらかったのですが、hyoutanさんを誘ってみたら、「とてもおいしい映画祭」と思っていただいて、昨年からmacchiさん、katsuraさん、今年はまた別のお方も参加しました。
 この映画祭のおいしいのは、良品の日本映画を見ることができる、そして、受賞した俳優やスタッフのコメントを生で聞くことができるというのが、映画好きにはたまらないイベントです。今回は受賞状況をレポートしますね。

ヨコハマ映画祭

《タイムスケジュール》

11時00分~ 『フラガール』
1時25分~ 新作映画紹介
2時00分~ 授賞式
4時15分~ 『ヨコハマメリー』
18時00分~ 『ゆれる』

《受賞》
■作品賞
製作:『ゆれる』製作委員会 シネカノン配給
監督・脚本:西川美和 撮影:高瀬比呂志 照明:小野晃 音楽:カリフラワーズ
出演:オダギリ ジョー、香川照之、伊武雅刀、新井浩文、真木よう子、木村祐一、蟹江敬三

■最優秀新人賞
 吉高 由里子 「紀子の食卓」
 「紀子の食卓」で受賞した。実は「紀子の食卓」を見ていないのですが、生で拝見したお姿はとても線の細い美しい女性でした。


 松山 ケンイチ
 「デスノート 前編」「デスノート the Last name」「男たちの大和/YAMATO」「親指さがし」 
 
 
今日はこの人をみるために全国津々浦々からファンが横浜に結集しました。どうも近辺のホテルに泊まって、1日前から並んでいた模様。舞台に現れた松山さんの顔を見て、お決まりの黄色い声があがりました。役柄とは違って、控えめな感じがしました。受賞が終わると一心不乱にヨコハマ映画祭のパンフレットを見入っている様子が印象的でした。

 「作っている最中は、現場ではどんな反応をするか、時間差があるので、全くわからないんですが、賞をいただけてよかった」というよいうなことを言っていました。そうですね。

 役作りについて聞かれると、特に 「YAMATO」は熱っぽかったです。

 「僕は戦争のことは全く知らなくて、太平洋戦争も知らないし、ベトナム戦争も関心がなかった。でも、この映画で犠牲になった人たちの心を代弁することができたらなと思って頑張りました」というようなことを言っていました。この映画については特別な思い入れがあったようです。
 

■助演女優賞
 吹石 一恵 「雪に願うこと」「手紙」「明日の記憶」

 中村 優子 「ストロベリーショートケイクス」

 
『義母がこの映画を見に行きましたが、また2回目も見に行きたい』といってくれました。
 


■助演男優賞 笹野 高史 「寝ずの番」「釣りバカ日誌17 あとは能登なれ ハマとなれ!」「アダン」「地下鉄に乗って」

■主演男優賞 香川 照之 「ゆれる」(欠席)

■主演女優賞 蒼井 優 「フラガール」「ハチミツとクローバー」(欠席)
■撮影賞 石井 勲 「ストロベリーショートケイクス」

 ストロベリーショートケイクスの舞台裏を紹介していました。この監督のプロジェクトはとても雰囲気がいいそうで、撮影賞を獲得した石井さんも「美人が多い」ってなことをおっしゃっていました。


■新人監督賞 中村 高寛 「ヨコハマメリー」

■脚本賞 西川 美和 「ゆれる」
■監督賞 西川 美和 「ゆれる」

実は第25回ヨコハマ映画祭に初めて出席して、そこで上映された西川監督の「蛇イチゴ」にノックアウトされました。家族の死をきっかけにいろいろな「嘘」が暴露されていく中、真実だったものはというものだったのですが、作品の登場人物には共感できるし、描いているものが温かさも感じるということで、この映画で日本映画見直しました!!第25回のヨコハマ映画祭のときには、「賞金をどうされますか?」との襟川クロさんの問いかけに「今、撮影しようという映画があるので、その資金にあてます」とのことだったのですが、それが「ゆれる」。実にかわいらしい感じの監督でした。今回、欠席された香川 照之さんのトロフィーも受け取られていました。「監督のお仕事ってどんな感じですか」というような質問に「現場ではあまり目立たない監督なんですよ」と答えていらっしゃったのが印象的でした。恐らく俳優の方々が演技をしやすいように気を配っているのではと思います。またカットカットの入れ方が巧み。半分に切られたトマトの断面、異様に長いロングのショット・・・、それぞれが計算されたものでありながら、演技は自然でとても共感できるものでしたから。すばらしい感性を持った監督だと思いました。


■審査員特別賞 「ヨコハマメリー」 中村高寛監督 作品

■関連リンク■
ヨコハマ映画祭
インタビュー ヨコハマ映画祭実行委員長 北見秋満:ヨコハマアートナビ

編集 / 2007.02.25 / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
映画:「モンスターハウス」(2006)
カテゴリ: 01.映画感想
モンスターハウス

■タイトル:モンスターハウス
■鑑賞日:2007年1月6日
■ジャンル:アニメ
■お薦め度:★★★☆☆(3/5)(詳細は下に)
■監督:
Gil Kenan
■脚本:
Directed by Gil Kenan

■主演:
Mitchel Musso .... D.J. (voice)
Sam Lerner .... Chowder (voice)
Spencer Locke .... Jenny
Steve Buscemi .... Nebbercracker (voice)
Maggie Gyllenhaal .... Zee
Jason Lee .... Bones (voice)
Kevin James .... Officer Landers (voice)
Nick Cannon .... Officer Lister (voice)
Catherine O'Hara .... Mom
Fred Willard .... Dad (voice)
Ryan Newman .... Little Girl
Woody Schultz .... Paramedic #1 (voice)
Ian McConnel .... Paramedic #2 (voice)
Jon Heder .... Reginald 'Skull' Skulinski (voice)
Kathleen Turner .... Constance

■プロット:

 ハロウィンの前々日、向かいの家を観察していたDJは妙なことに気がつく。友人のチャウダーと共に、その謎を解明すべく、作戦をたてるが・・・・?

■私的見所:
「さすがロバート・ゼメキス!!」というくらい、後半のクライマックスでは、あまり臨場感に絶叫したくなるような映画です。たとえていうならば、USJのバック・トゥ・ザ・フューチャー・ライドのような感覚を映画館で味わえる映画。ぜひ、劇場で!!もしあればIMAXシアターで見たい作品でした。

■イベントその他:

■関連リンク:
オフィシャルサイト(日本)
IMDB



■評価について:
★★★★★(5/5) 必ず映画館で見て、DVDも買ってみるべし
★★★★☆(4/5) 必ず映画館で見ること
★★★☆☆(3/5) 見てみてまあ損はない
★★☆☆☆(2/5) レンタルで見たらいいかも
★☆☆☆☆(1/5) 特にみなくてもいいかも

編集 / 2007.02.14 / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
映画:「不都合な真実」(2006)
カテゴリ: 01.映画感想
■タイトル:不都合な真実(原題: An Inconvenient Truth)
■鑑賞日:2007年2月1日
■ジャンル:ドキュメンタリー
■お薦め度:★★★★☆(4/5)(詳細は下に)
■監督:デイビス・グッゲンハイム
■主演:アル・ゴア
■プロット:「2004年、一瞬大統領になったアル・ゴアです」という自己紹介から始まる。いったい、彼は何を言うのだろう。そこに展開されたのは、近いうちに地球に訪れる現実・・・。地球温暖化とそして、私達が何をやれるのかを遊説している。アメリカ、中国、ヨーロッパ諸国、日本。1000回以上にわたる遊説をドキュメンタリーとしてまとめたのがこの1本である。

■私的見所:まず、2004年の大統領選挙でのゴア氏の様子が大写しにされる。今でも疑惑が残るフロリダの選挙戦。彼は環境問題を訴え続けたが、アメリカの経済界では、そんなゴアの言い分には冷ややかだった。が、彼はまたも別の方法で立ち上がった。

 画面に広がるのは1968年に撮影された美しく青い地球。その地球に今訪れようとしている危機を彼は訴える。

「アメリカの自動車は二酸化炭素排出量がどこの国よりも多い。こんな車が世界で受け入れられると思いますか?」

「我々は不可能だといわれたオゾン層の穴を広げないことに成功しました。温暖化は私達の選択によって止められる」

 1000回、講演に次ぐ講演、でも、理解してもらえないこともある。普通だったら、へこたれるだろうが、彼は違う。彼は、もう一度内容を見直し、ブラッシュアップして次に挑む。そのあくなき自説を貫く姿勢には感動した。

 自分に何ができるか・・・・

 そんなことを考えさせられます。


■関連リンク:
オフィシャルサイト(日本)

このサイトでは自宅で私達にできることを次のようにあげています。

■白熱電球を電球型蛍光灯 (CFL) に交換する
CFLは従来の電球に比べてエネルギー消費を60パーセント低減します。電球を取り替えるだけで、年間約300ポンド (約140キログラム) の二酸化炭素が削減されるのです。例えばアメリカの全世帯で電球を交換すれば、900億ポンド (約4,000万トン) 以上の削減が可能です!

■冷暖房を夏は2°F (約1°C) 高めに、冬は2°F低めに設定する
家庭で消費されるエネルギーのおよそ半分は冷暖房に使われており、わずかな温度調節で年間約2,000ポンド (約910キログラム) の二酸化炭素を削減できます。

■ボイラーやエアコンのフィルターを清掃・交換する
空気フィルターを掃除するだけで、年間約350ポンド (約160キログラム) の二酸化炭素を削減できます。


■タイマー機能のついたサーモスタットを設置する
タイマー設定で就寝中は冷暖房を弱めて使用すれば、年間100ドルの光熱費を節約できます。

■電気製品を購入する際には省エネルギー対応モデルを選ぶ
製品に貼られたエナジースターラベル (省エネルギー基準ラベル) を確認して、最もエネルギー効率の良いものを選びましょう。現在アメリカ国内で使用中の家電品を全て最新の省電力モデルに切り替えれば、年間1億7,500万トンの二酸化炭素を削減できます!

■給湯装置を断熱布で覆う
これだけで年間1,000ポンド (約450キログラム) の二酸化炭素を削減できます。サーモスタットを120°F (約50°C) 未満に設定すれば、更に550ポンド (約250キログラム) の削減が可能です。

■お湯をなるべく使わない
お湯を沸かすには大量のエネルギーが必要です。節水シャワーヘッドを取り付けたり (年間350ポンド (約160キログラム) の二酸化炭素を削減) 、洗濯には水やぬるま湯を使ったり (年間500ポンド (約230キログラム) を削減) してお湯の使用量を減らしましょう。




■評価について:
★★★★★(5/5) 必ず映画館で見て、DVDも買ってみるべし
★★★★☆(4/5) 必ず映画館で見ること
★★★☆☆(3/5) 見てみてまあ損はない
★★☆☆☆(2/5) レンタルで見たらいいかも
★☆☆☆☆(1/5) 特にみなくてもいいかも

編集 / 2007.02.14 / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
読んでみたいパロディー「ドラえもん最終回」
カテゴリ: 06.話のネタ
たまたまニュースを探していたら、こんな記事が・・・

【知はうごく】「模倣が生む才能」著作権攻防(6)-3

トラブルで動かなくなったドラえもんを蘇らせようと、猛勉強してロボット工学者になったのび太くん。未来の世界でドラえもんを製作したのは、実は、大人になったのび太くんだった-


 私の知っている最終回はドラえもんが未来に帰り、のび太が一生懸命自転車にのる練習をしているところで終わるってのでしたが、また連載が再開して、うれしかったのを覚えていますが・・・こういうものだったら、やっぱり読んでみたい気が・・・・。


 ただ、この作品はドラえもんの版権を持つ小学館の許諾を得ていなかった。既存の漫画のキャラクターを利用して別のストーリーを作った場合、ドラえもんという絵柄を使っているために著作物の利用となり、許諾が必要だ。同社は「悪質な著作権侵害」と判断して昨年、漫画家側に販売中止と回収、ネット公表の中止を要請。損害賠償についても交渉中で、関係者によると刑事告訴も検討されているという。

 小学館は「ネットで評判になり、部数(破格の1万5500部)がケタ違いに増えた。厳しく対応せざるをえない」(知的財産管理課)と明かす。


 ディズニーなんてキャラクターの名前を小説中に出すのも厳禁ですものね。でも、キャラクターや物語を貶めたわけではないのに、「罰則」というのはきびひい~。「処置を当然」とする出版社の気持ちもわかります。でも、そういう対応を検討するというのは、その出版社が「作品」をお金儲けの道具にしているという感じがします。利益を出すことは、現時点での企業の存続に関わるけれど、企業理念、企業文化というのは企業の今後の存亡に関わると思うんですよね。企業は自社の製品や作品に愛がないと成り立たないと思うんです。いいモノであれば、どんどん吸収してもっと豊かに・・・・と思うんですよね。

 「100歩譲って作品に愛を!!」というのは一ファンの意見ですが・・・。和解してほしいですね~。

ではでは。

編集 / 2007.02.10 / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
映画:「マリー・アントワネット」(2006)
カテゴリ: 01.映画感想
アントワネット

■タイトル:Marie Antoinette
■鑑賞日:2007年1月20日
■ジャンル:歴史
■お薦め度:★★★☆☆(3/5)(詳細は下に)
■監督/脚本:ソフィア・コッポラ
 ちなみにプロデューサーの名前に、父の巨匠フランシス・フォード・コッポラ、
セカンドユニットの監督に兄(弟?)であるトーマス・ローマン・コッポラの名前もあります。家族総出の製作っす。

■主演:

Kirsten Dunst .... Marie-Antoinette
Marianne Faithfull .... Maria Teresa
Steve Coogan .... Ambassador Mercy
Judy Davis .... Comtesse de Noailles
Jason Schwartzman .... Louis XVI
Rose Byrne .... Duchesse de Polignac

■プロット:

 時は18世紀後半、オーストリアのハプスブルグ家からフランスのブルボン王朝に嫁ぐことになったマリー・アントワネット。まったく心のよりどころのないベルサイユでは、真の夫婦関係がもてないことに悩み、その悩みの果てに浪費三昧の生活を送るようになる。

■私的見所:
 
 ベルサイユの1日観光ができる映画です。かの有名な王妃の寝室の謁見風景、普段は公開されない王妃の小部屋、小トリアノンなど、「ベルサイユのバラ」や歴史に興味のある人には絶対、おいしい映画だと思います。ソフィア=コッポラ監督のセンスをガーリーだと書いている記事が多いんですが、実際のご本人もおなじようなテイストがお好きだったのではと思います。何の展示会か忘れたのですが、ロココを代表するポンパドール夫人、デュ・バリー夫人、そしてマリー・アントワネットの3人の使った家具や食器の展示会がありました。マリー・アントワネットは空にも憧れを持っていたようで、1783年にモンゴルフィエ兄弟が気球の無人飛行に成功しましたが、その後、よく覚えていないのですが、彼らの実験を宮殿でやらせたんだと思うのです。気球を象った椅子もそこに展示してありました。それがかわいくて。このモチーフが気に入る方は絶対気に入ると思いますよ。デザインはとてもシンプルなんで、どこかが版権もって売り出してくれないかなぁなんて思うのですが。



■イベントその他:

■関連リンク:
オフィシャルサイト(日本)
太陽王ルイ14世からマリー・アントワネットまで


■評価について:
★★★★★(5/5) 必ず映画館で見て、DVDも買ってみるべし
★★★★☆(4/5) 必ず映画館で見ること
★★★☆☆(3/5) 見てみてまあ損はない
★★☆☆☆(2/5) レンタルで見たらいいかも
★☆☆☆☆(1/5) 特にみなくてもいいかも
編集 / 2007.02.04 / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
節分
カテゴリ: 06.話のネタ
増上寺


節分です。増上寺では毎年節分は正午に豆まきをやります。昨日、ちょうど夕方、通りかかると、節分の準備が整っておりました。「アニメージュ」の徳間書店がある通りを東京タワーに向かってまっすぐ行くと、増上寺があります。門のあたりから携帯で撮影しました。ちょうど、東京タワーが入りましたよ~。お気に入りの1枚です。

■関連リンク■
http://www.zojoji.or.jp/


編集 / 2007.02.03 / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
プロフィール

リトル★ダック

Author:リトル★ダック
今、ここにいる自分、明日どこかにいる自分、そんな自分の合計が一生になっちまうんですねぇ~。














仕事が楽しくなる名言集

presented by 地球の名言

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。