スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
映画:「ベクシル ~2077日本鎖国~」(2007)
カテゴリ: 01.映画感想
ベクシル 2077日本鎖国


昨日は当選した方の厚意で、ベクシルの試写会に行ってきました。場所はイイノホール。ハガキには霞ヶ関の駅から1分とあるのです。確かに1分ですが、間違って丸の内線の出口から出ると400メートルくらい日比谷公園の横を歩く羽目になりますので、要注意です。千代田線側のC2あたりの出口から出ると、近いっす。(今後、気をつけろよ~>自分)
では、レビューをば・・・・


■タイトル:ベクシル-2077日本鎖国-(2006)
■鑑賞日:2007年7月27日
■ジャンル:SF&アクション
■お薦め度:★★★☆☆(3/5) 見てみてまあ損はない
■監督:
曾利 文彦
■脚本:
半田はるか
曾利 文彦

■主演:

ベクシル サラ:黒木メイサ
レオン フェイデン:谷原 章介
マリア:松雪恭子
サイトウ:大塚明夫
タカシ:朴路美

■プロット:
 『ベクシル-2077 日本鎖国-』の物語は近未来を舞台にした大型SF作品である。2067年にハイテク技術を駆使した完全鎖国を実施した日本は、世界の舞台から完全に姿を消す。その10年後の2077年に、日本潜入に成功した米国特殊部隊「SWORD」のべクシルがみた日本を舞台に物語が展開する。






(以降ネタばれあり)




  → Read more...
スポンサーサイト
編集 / 2007.07.28 / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
書籍情報:「前田建設ファンタジー営業部Neo」
カテゴリ: 02.書籍感想
 このほど幻冬舎より2003年より発足した前田建設ファンタジー営業部が、アニメーションに出てくる建造物などの建築工費を積算した「。「前田建設ファンタジー営業部Neo」というのが発売されました。
 試算の例としては、
 
 マジンガーゼットの地下格納庫はちょっとお高くて72億円
 工期は6年5カ月だそうです。上にプールがありますからね~。プールの水が落ちることも考えて排水溝もきっちり作らないといけません。
 そして、銀河鉄道999の発射台 32億円
 
 
 銀河超特急999号が宇宙に飛び立つ際に使う発車台は、地上から空中に向け、橋ゲタに支えられて線路が延びており、先端の高さが99.9メートル。ビデオで検証した結果、鉄筋コンクリート製で線路の長さは300メートルと推測した。


 発注を受ければ必ず工事するそうです。


 
 
 ところで、下の表紙の右から2番目の黄色いアフロヘア・・・て、
もしかして メーテルですかい???(苦笑)


編集 / 2007.07.24 / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
映画:「魔笛」(2006)
カテゴリ: 01.映画感想
魔笛


■タイトル:魔笛
■鑑賞日:2007年7月22日
■ジャンル:オペラ
■お薦め度★★★★☆(4/5) 必ず映画館で見ること
■監督:
Kenneth Branagh

■脚本:
Writers:Emanuel Schikaneder (libretto)
Kenneth Branagh (adapted for the screen by)

■主演:
Joseph Kaiser ... Tamino
Amy Carson ... Pamina
Rene Pape ... Sarastro
Lyubov Petrova ... Queen of the Night
Benjamin Jay Davis ... Papageno
Silvia Moi ... Papagena
Tom Randle ... Monostatos
Ben Uttley ... Priest
Teuta Koco ... First Lady
Louise Callinan ... Second Lady
Vanessa Ashbee ... Follower of Sarastro
Kim-Marie Woodhouse ... Third Lady
Rodney Clarke ... First Officer
Charne Rochford ... Second Officer

■プロット:
 世界で一番上演回数が多いとされるゲーテ原作の歌劇「魔笛」が現代的にケネス・ブラナーによって蘇った。
 時は第一次世界大戦。兵士タミーノは夜の女王に助けられる。そして、ザラストロに攫われた娘パミーノを助けるように頼まれる。タミーノはパミーナの写真を見て一目で恋に落ち、夜の女王の要請に応じ、ザラストロの城に赴くのだった。




  → Read more...
編集 / 2007.07.22 / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
映画:「ルネッサンス」(2006)
カテゴリ: 01.映画感想
ルネッサンス



タイトル:ルネッサンス(2006)
■鑑賞日:2007年7月14日
■ジャンル:アニメ&アクション
■お薦め度:★★★☆☆(3/5)(詳細は下に)
■監督:
Christian Volckman
■脚本:
Mathieu Delaporte
Jean-Bernard Pouy (adaptation)

■音楽:
ニコラス・ドット

■主演:

なぜダブルキャストになっているのでしょう??

Daniel Craig ... Barthelemy Karas (voice) (主人公)
Patrick Floersheim ... Barthelemy Karas (voice)
Catherine McCormack ... Bislane Tasuiev (voice)
  (誘拐されるAvalonの研究者の妹)
Laura Blanc ... Bislane Tasuiev (voice)
  (誘拐されるAvalonの研究者の妹)
Romola Garai ... Ilona Tasuiev (voice)
  (誘拐されるAvalonの研究者)
Virginie Mery ... Ilona Tasuiev (voice)
  (誘拐されるAvalonの研究者)
Jonathan Pryce ... Paul Dellenbach (voice)
  (Avaloneの副社長)
Gabriel Le Doze ... Paul Dellenbach (voice)
  (Avaloneの副社長)
Ian Holm ... Jonas Muller (voice) (Karasの同僚)
Marc Cassot ... Jonas Muller (voice)(Karasの同僚)
Jerome Causse ... Amiel & Dimitri (voice)
Rick Warden ... Amiel (voice)
Bruno Choel ... Pierre Amiel (voice)
Kevork Malikyan ... Nusrat Farfella (voice)(Karasの友人)
Marc Alfos ... Nustra Farfella (voice) (Karasの友人)


■プロット:
 2054年のパリ、そこは統制され監視され記録される世界となっていた。そこで、世間を席巻している一つの大企業がAvalon。彼らは永遠の若さと美しさを広告に打ち出している。ある日、その企業の優秀な女性研究者イローナ(Ilona Tasuiev)が何者かに誘拐された。karasは本部からの指令を受けて、イローナの行く手をつきとめようとするが、そこには思わぬ秘密が隠されていた。



  → Read more...
編集 / 2007.07.20 / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
映画:「キサラギ」(2007)
カテゴリ: 01.映画感想
キサラギ


■タイトル:キサラギ
■鑑賞日:2007年7月6日
■ジャンル:コメディ
■お薦め度:★★★☆☆(3/5)(詳細は下に)
■監督:
佐藤祐市 (代表作『シムソンズ』)

■脚本:
古沢良太(『ALWAYS 三丁目の夕日』)

■主演:
小栗旬 :家元
ユースケ・サンタマリア:オダ・ユージ
小出恵介:スネーク
塚地武雅:安男
香川照之:イチゴ娘
末永優衣:如月ミキ

■プロット:
 2006年2月4日に亡くなった如月ミキの一周忌に彼女のファンサイトにメンバーが集まった。家元は一周忌オフを企画する。そこに集まったのは、実は・・・・。





  → Read more...
編集 / 2007.07.19 / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
映画:「シュレック3」(2007)
カテゴリ: 01.映画感想
シュレック3


■タイトル:シュレック3(字幕版)
■鑑賞日:2007年7月7日
■ジャンル:アニメ&コメディー
■お薦め度:★★★☆☆(3/5)(詳細は下に)
■監督:
Chris Miller
Raman Hui (co-director)

■脚本:
Andrew Adamson (story)
Howard Gould (additional screenplay material)

■主演:

Mike Myers ... Shrek (voice)
Eddie Murphy ... Donkey (voice)
Cameron Diaz ... Princess Fiona (voice)
Antonio Banderas ... Puss in Boots (voice)
Julie Andrews ... Queen Lillian (voice)
John Cleese ... King Harold (voice)
Rupert Everett ... Prince Charming (voice)
Eric Idle ... Merlin (voice)
Justin Timberlake ... Artie (voice)
Susan Blakeslee ... Evil Queen (voice)
Larry King ... Doris (voice)
John Krasinski ... Lancelot (voice)
Ian McShane ... Captain Hook (voice)


■プロット:

 「遠い遠い国」のフィオナ姫と結婚したシュレックだが、王が危篤になったため、王の代役に回る毎日。豪勢ではあるが、シュレックは自分の沼地を懐かしく思うのであった。そんな折、王である「かえるの王様」が崩御してしまう。王位継承者であるシュレックは妊娠したフィオナを置いて、もう一人の王位継承権を持つアーサーを探しに行くのであった。ところが、見栄っ張りなチャーミング王子はシュレックがいない隙を狙って悪役を集めて、「遠い遠い国」に攻め寄せる。




  → Read more...
編集 / 2007.07.18 / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
Rep:「ザ・ヒットパレード~ショウと私を愛した夫~」
カテゴリ: 07.イベント
ヒットパレードパンフレット



 いろいろ私事が忙しくて、レポートが遅くなりました。
 
 7月10日、「ザ・ヒットパレード~ショウと私を愛した夫~」初日に行ってきました。大好きな戸田恵子さん、原田泰三さん、RAG FAIR・・・・そして音楽は宮川彬良さん、全編、昭和40年代~50年代の歌謡曲がふんだんに使われているとあって、これを楽しみにせずにはいられましょうか!古い友人といっしょに行ってまいりました。彼女、年は若いのですが、昔の彼氏がヒットパレード世代ということで、ずっとカラオケでその歌を歌っていたそうです。てなわけで、お誘いしたわけです。

 劇場は京橋2番出口近くにあるル・テアトル銀座、到着したのは、6時40分くらいでしたが、入り口にはエレベータ待ちの人でごった返していました。会場に着くと、花、花、花。

■アンパンマンのスタッフから戸田恵子さんへ
 #このアンパンマンシール、お花屋さんに託したのでしょうか♪。

ザ ヒットパレード

■頂上に飾られた細木数子さんのお花

ザ ヒットパレード


■テレビ朝日 スマステーションからも・・・・。

ザ ヒットパレード

 ロビーのところには、ミッキー・カーチスさんがいらっしゃるし、2階にあがるとフジテレビのインタビュー用のテレビカメラが設置されていて、中尾ミエさんとか園マリさんらしき人が撮影されているし、友人は細木数子さんや露口茂さんを見たといっているし、この作品の影響力は本当に大きいと思いました。
 
 さて、劇場は列ごとに段差があり、傘を置く所定の場所もあって、とても居心地が良かったです。座席について、ふと上を見上げると森光子さんもいらっしゃいました。翌日のフジテレビのレポートによるとネプチューンもいらっしゃったそうで・・・・。
 
 全体的にはRAGFAIRの影響でしょうか。いろいろな年代層の方がいらっしゃいました。

(★★ここからネタバレありです★★)


  → Read more...
編集 / 2007.07.15 / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
映画:「ピアノの森」(2007)
カテゴリ: 01.映画感想
ピアノの森


■タイトル:ピアノの森
■鑑賞日:2007年7月9日
■原作:一色まこと
■ジャンル:アニメ&音楽
■お薦め度:★★★☆☆(3/5)(詳細は下に)
■監督:小島正幸
■脚本:蓬菜竜太(「舞台・世界の中心で、愛をさけぶ」)
■音楽:篠原敬介(「あらしのよるに」)
■ピアノ演奏・ミュージックアドバイザー:
    ウラディーミル・アシュケナージ
■アニメーション制作:マッドハウス

■主演:

上戸彩  :一ノ瀬海
神木隆之介:雨宮修平
池脇千鶴 :一ノ瀬 怜子
福田麻由子:丸山 誉子
宮迫博之 :阿字野 壮介

■プロット:

 雨宮修平は祖母の養生のため、東京から離れてとある田舎の学校に転校する。そこで、森の中にあるピアノの話を聞かされ、いじめっこにそのピアノを弾くようにそそのかされる。困った事態に陥った修平を助けたのは一之瀬海。彼はそのピアノはまだ生きていると主張する。そして、そのピアノにはある秘密があった。




  → Read more...
編集 / 2007.07.15 / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
映画:「ダイハード4.0」(2007)
カテゴリ: 01.映画感想
ダイハード4.0


■タイトル:ダイハード4.0
■鑑賞日:2007年7月1日
■ジャンル:アクション
■お薦め度:★★★☆☆(3/5)(詳細は下に)
■監督:
Len Wiseman

■脚本:
Mark Bomback (screenplay)
Mark Bomback (story)

■主演:
Bruce Willis ... John McClane (ヒーロー)
Timothy Olyphant ... Thomas Gabriel (なかなか味のある悪役)
Justin Long ... Matt Farrell (今後の期待株)
Maggie Q ... Mai Lihn
Cliff Curtis ... Bowman
Jonathan Sadowski ... Trey
Andrew Friedman ... Casper
Kevin Smith ... Warlock
Yorgo Constantine ... Russo
Cyril Raffaelli ... Rand
Chris Palermo ... Del
Mary Elizabeth Winstead ... Lucy McClane (マクレーンの娘)
Sung Kang ... Raj
Zeljko Ivanek ... Molina
Christina Chang ... Taylor

■プロット:

 マクレーン刑事は相変わらず刑事をやっている。ダイハード3から13年の間に、娘は大きくなり妻とは離婚し、男やもめ暮らしである。そんな折、夜勤続きのマクレーンにコンピュータオタクのMatt Farrellを保護するようにとの命令が下る。ぶつぶつ言いながら保護に向かったマクレーンだったが、それは全米を揺るがす事件の始まりだった。



  → Read more...
編集 / 2007.07.15 / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
雑感:ウィンブルドン 男子決勝
カテゴリ: 06.話のネタ
 今年は往年の選手の名前が出ることが多くなりました。その名前はビヨン=ボルグ。ヤマトにはまる前からこの人にはまっていました。あの悪ガキ、マッケンローとの延々と続くジュースの結果、この人がウィンブルドンで5連勝したわけですが、今、まだそれが破られていないということに驚きました。

 FEDERERが優勝すれば、ボルグ以来の5連勝達成選手となります。また、NADALはすでに全仏オープンで3連勝し、彼が勝てば同一年で全仏と前英を制した3人目の選手となるそうな。

 どっちが勝ってもすごいぞ!!

 現在、FEDERERが1セットリード!!
録画モードにしてそろそろ寝ます。zzzzzz


                      
編集 / 2007.07.09 / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
Rep:「安彦良和原画展」@川崎市市民ミュージアム
カテゴリ: 07.イベント
070708_yas2.jpg

 今日、川崎市、等々力の市民ミュージアムに安彦良和原画展を見に行ってきました。ヤマのような原画の山。あまりの美しさにしびれておりました。ただ、「さらば宇宙戦艦ヤマト」のあの古代とユキのポスター絵ですが、ただのポスターでした。そういえば、ある人が、オリジナルを中野まんだらけで見たと言っていました。もう売られてしまったのでしょうか。版権のヤマトの絵もヤフオクで売られていますもんね。さびしいことです。更に次のような文言が!!
 「さらば宇宙戦艦ヤマト」のクライマックスのラスト80カットの原価を安彦が描き、当時のプロデューサーが強引に映画のポスターにしようするために物語の主人公、古代進と森雪のイラストを描かされている

 30年余り経ってここまで書かれる人もいないでしょうね。改めてびっくり・・・・。

 一同に集められた原画を見て、昔、アルフォンス=ミュシャの展覧会を見たときと同じような感動を覚えました。今回の原画展で初出のイラストが16~20点くらいありまして、その描くスピードに感動しておりました。

 また今連載中のガンダム The Originのコンテや原稿がありましたが、20年前とは変らないタッチで、とても60歳すぎの人が描いたとは思えませんでした。
 
 またミュージアムショップには氏の作品のヤマヤマヤマ。友人といっしょだったら3時間でも4時間でもいられるかな・・・という感じです。名残惜しかったのですが1時間ちょっとだけいて、帰ってきました。

■関連リンク■
安彦良和原画展



編集 / 2007.07.08 / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
映画:「女帝」(The Banquet,2006)
カテゴリ: 01.映画感想
 レディースデイに行ったのですが、その映画館は女性で満席でした。

 「もしかして、ダニエル・ウーのファン??ファン??」

 なんて思うととてもうれしくなったりして。




女帝


■タイトル:女帝(The Banquet,2006)
■鑑賞日:2007年6月13日
■ジャンル:任侠/時代劇

■お薦め度:★★★★☆(4/5)(詳細は下に)

■監督:フォン・シャオガン

□アクション監督:ヤン ウーピン

■脚本:

Gangjian Qiu
Heyu Sheng

■主演:
Ziyi Zhang ... 皇后 ワン
Daniel Wu ... 皇太子ウールアン
Xun Zhou ... クンニー
You Ge ... 新皇帝リー
Jingwu Ma ... 大臣
Xiaoming Huang ... 大臣の息子

■プロット:

 「これより強い毒は?」
 「人の心」
 

「ハムレット」をベースにフォン・シャオガン監督が豪華絢爛な愛と復讐の物語を描く。皇太子ウールアンと恋仲にありながら、皇帝の元に嫁いだワン。しかし皇帝は何者かに暗殺され、ワンは弟リーの新皇帝の元に嫁ぐことになるが、皇太子を守るため、リーとの結婚に同意する。




  → Read more...
編集 / 2007.07.01 / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
プロフィール

リトル★ダック

Author:リトル★ダック
今、ここにいる自分、明日どこかにいる自分、そんな自分の合計が一生になっちまうんですねぇ~。














仕事が楽しくなる名言集

presented by 地球の名言

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。