スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
映画:「ダイハード4.0」(2007)
カテゴリ: 01.映画感想
ダイハード4.0


■タイトル:ダイハード4.0
■鑑賞日:2007年7月1日
■ジャンル:アクション
■お薦め度:★★★☆☆(3/5)(詳細は下に)
■監督:
Len Wiseman

■脚本:
Mark Bomback (screenplay)
Mark Bomback (story)

■主演:
Bruce Willis ... John McClane (ヒーロー)
Timothy Olyphant ... Thomas Gabriel (なかなか味のある悪役)
Justin Long ... Matt Farrell (今後の期待株)
Maggie Q ... Mai Lihn
Cliff Curtis ... Bowman
Jonathan Sadowski ... Trey
Andrew Friedman ... Casper
Kevin Smith ... Warlock
Yorgo Constantine ... Russo
Cyril Raffaelli ... Rand
Chris Palermo ... Del
Mary Elizabeth Winstead ... Lucy McClane (マクレーンの娘)
Sung Kang ... Raj
Zeljko Ivanek ... Molina
Christina Chang ... Taylor

■プロット:

 マクレーン刑事は相変わらず刑事をやっている。ダイハード3から13年の間に、娘は大きくなり妻とは離婚し、男やもめ暮らしである。そんな折、夜勤続きのマクレーンにコンピュータオタクのMatt Farrellを保護するようにとの命令が下る。ぶつぶつ言いながら保護に向かったマクレーンだったが、それは全米を揺るがす事件の始まりだった。




■私的見所(ネタばれあり):

 「あんたなんで生きているの?」の第四弾。
 
 この人ほど、なかなか死ねない人はいないかもしれません。
カーアクションあり、戦闘機のアクションありで楽しめる映画です。ただ、音響がいい映画館でしたら、座席は後方にするのがおすすめです。私は六本木TOHOシネマズの7番スクリーンの前方から6列目の真ん中で途中死にそうになりました(^^;。

 この映画は携帯も使えないローテク男とコンピュータハッカーとのデコボコの組み合わせなんですが、このローテク男、眼が利いているんですよね。こういう目利きがこの映画の醍醐味です。何も考えずに、戦闘機が出てきたり、車でヘリコプターを落としたら、やんややんや~と喜ぶのが正統な楽しみ方だと思いますね~。

(気になった細かいところ)

 すみません。心が狭くて。

 のっけから、ウィルスをアップロードしてパソコンを爆発なんてのがありましたが、煙は出るけど、爆発!?。マクレーンがバカなんはいいんですけど、敵さんはバカでないほうがいいような気がしますね~。

 
 Matt Farrell以外のハッカーが殺されていくときに、 Mai Lihnが見ている画面で消されたのがわかるんですが、1秒間に20人以上が殺されている感じ。あのグループ4人は1秒間に離れたところに住んでいるハッカーを殺すことができるのでしょうか~(^^)。

 画面中では最後の全米の金融データがダウンロード完了というのがクローズアップされていました。データのダウンロードを阻止するのが目的だったのですが、Matt はそれができませんでした。で、どうしたか~というと、たぶん、データを暗号化したんだと思うのです。「crypt」というのが一瞬出ていたので。

 ※恐らく、Mattが持っていたツールなんでしょうね。でも、字幕で全然説明がないので、このヘンの面白い知的なネタが消えてしまった感じがするのが残念。字幕の担当者はもしや・・・と思っていたら、やっぱりあの方でした。予感があたってちょっとうれしかったっす(^^)。

スポンサーサイト
編集 / 2007.07.15 / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
プロフィール

リトル★ダック

Author:リトル★ダック
今、ここにいる自分、明日どこかにいる自分、そんな自分の合計が一生になっちまうんですねぇ~。














仕事が楽しくなる名言集

presented by 地球の名言

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。