スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
Rep:「ザ・ヒットパレード~ショウと私を愛した夫~」
カテゴリ: 07.イベント
ヒットパレードパンフレット



 いろいろ私事が忙しくて、レポートが遅くなりました。
 
 7月10日、「ザ・ヒットパレード~ショウと私を愛した夫~」初日に行ってきました。大好きな戸田恵子さん、原田泰三さん、RAG FAIR・・・・そして音楽は宮川彬良さん、全編、昭和40年代~50年代の歌謡曲がふんだんに使われているとあって、これを楽しみにせずにはいられましょうか!古い友人といっしょに行ってまいりました。彼女、年は若いのですが、昔の彼氏がヒットパレード世代ということで、ずっとカラオケでその歌を歌っていたそうです。てなわけで、お誘いしたわけです。

 劇場は京橋2番出口近くにあるル・テアトル銀座、到着したのは、6時40分くらいでしたが、入り口にはエレベータ待ちの人でごった返していました。会場に着くと、花、花、花。

■アンパンマンのスタッフから戸田恵子さんへ
 #このアンパンマンシール、お花屋さんに託したのでしょうか♪。

ザ ヒットパレード

■頂上に飾られた細木数子さんのお花

ザ ヒットパレード


■テレビ朝日 スマステーションからも・・・・。

ザ ヒットパレード

 ロビーのところには、ミッキー・カーチスさんがいらっしゃるし、2階にあがるとフジテレビのインタビュー用のテレビカメラが設置されていて、中尾ミエさんとか園マリさんらしき人が撮影されているし、友人は細木数子さんや露口茂さんを見たといっているし、この作品の影響力は本当に大きいと思いました。
 
 さて、劇場は列ごとに段差があり、傘を置く所定の場所もあって、とても居心地が良かったです。座席について、ふと上を見上げると森光子さんもいらっしゃいました。翌日のフジテレビのレポートによるとネプチューンもいらっしゃったそうで・・・・。
 
 全体的にはRAGFAIRの影響でしょうか。いろいろな年代層の方がいらっしゃいました。

(★★ここからネタバレありです★★)



 そんな大物が混じる満席の中、幕が上がりました。まずは空襲の場面。RAG FAIRのメンバーがくたびれた軍服を着てよろよろと現れます。
 
   ピューーーーー
   ドドーン

 ・・・あれ、この効果音は?
 
 次にパトカーのサイレン・・・・・
 
   ウーユウーウオー
 
 この音は・・・効果音ではなくて、人間の肉声だったのです。RAG FAIRのパーカッションとベース、そしてヴォーカルが混じったときに、不思議なハーモニーをかもし出しました。
 
 そして原田泰三さん、升毅さんの出番。学生服を着ると、不思議と学生って感じになるから不思議です。今回、升毅さんの演技を初めて見たんですが、ヤマザキの役を10代から50代まで、全然違和感なく年をとって演じてみせたのに、びっくりしました。友人も「升毅見直したわ」と言っておりましたが、私も同感です。
 
 次に戸田恵子さんの友人役の北村岳子さんの登場。戸田さん、昔歌手を目指していたというだけあって、すばらしい歌唱力と啖呵啖呵啖呵。セリフの長回しは本当に見事でした。
 
 実はアイドルを利用している事務所というのは、あまり好きではなかったのです。アイドルの力をくいものにしている気がして。でも、テレビのヒットパレードを見て、才能を見抜く力、育て方、ファンに対する姿勢・・・(ちなみに韓流のファンミは嫌いです。自分達のスターを大事していないし、ファンからお金を搾取しているという感じがして)。氏が理想を持っていて、そしてファンを大事にしたからこそ、きっと今のプロダクションがあるのだと思いました。
 
 それが垣間見えるのは、ジャズの時代が去ったときに、職を失ったミュージシャンを抱えて、定額の給料を払ったということですね。みんながみんな仕事にありつけるわけでもないので、赤字のプロダクションだったと思うのですが。そして、なんとか二人で切り抜けていったら、時代はいつの間にかテレビの時代でした。
 
 きっと、その当時の渡辺氏に心にはテレビの前に座る人が見えていたんでしょうね。テレビで放映したヒットパレードが大ヒットし、昭和40年代を駆け抜けていった熱さ。その熱さが、40年代からヒットした曲にも現れていて、聞きながら、涙ぐんでしまいました。
 
 そして、年をとり、ザ・ピーナッツは引退、キャンディーズの突然の引退宣言。渡辺氏の周囲は急に寒くなり始めます。お金はあっても、古い友人が一人二人と去っていきます。渡辺氏はガンを患って死去されるのですが、その傍らにいてずっと支え続けたのは戸田恵子さん演じる渡辺美佐さんでした。
 
 二人して同じ夢を見ていた、そして、その夢をいろいろな人と共有できたというのがお二人の幸せな時間ではなかったかと思います。いろいろ心無い人の噂だとか金銭的な問題だとか、本当に嫌な思いをされたと思うのですが、どんなことも、「スマイルだよ・・・・顔に出しちゃだめ。スマーイル」と乗り切ってこられたのはすごいことだなぁと思います。
 
 「スマイルだよ・・・・顔に出しちゃだめ。スマーイル」

 苦難であったことも、笑顔でいいことに変えてしまう・・・。そういうことの大事さを改めて感じさせてもらえました。
 
 
スポンサーサイト
編集 / 2007.07.15 / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
プロフィール

リトル★ダック

Author:リトル★ダック
今、ここにいる自分、明日どこかにいる自分、そんな自分の合計が一生になっちまうんですねぇ~。














仕事が楽しくなる名言集

presented by 地球の名言

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。