スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
ラオウの葬儀
カテゴリ: 06.話のネタ
 4月28日に公開される「北斗の拳 ラオウ伝 激闘の章」でラオウの最後が描かれるそうですが、そのラオウの葬儀、「昇魂式」が18日夜、東京・高輪の高野山東京別院で営まれたそうです。約3000人が長蛇の列を作り、ラオウの“遺影”を前に焼香。
 
 夕刊フジのZAKZAKによると、
 
 
 ラオウの声を担当した俳優の宇梶剛士(44)は「あなたに勇気をもらいました。一期一会を大切にして、その時のベストを尽くしていきたい。あなたを演じるとき、そう思っていた」と、しんみり弔辞を読み上げた。
 


 こういうアニメーションの葬儀が盛大に営まれたのは「あしたのジョー」の力石徹以後、なかったんではないでしょうか。
 
 そういえば、「さらば宇宙戦艦ヤマト」でも古代とユキの葬式なんていうのは(幸いなことに)なかったし。「完結編」でも「ヤマト」の葬儀というのは(幸いなことに)なかったっすねぇ・・・。葬式をあげると、その死を認めなくてはいけないので、アニメのキャラクターの「葬式」はどっちかっていうと遠慮するほうです。

 何はともあれ、当時のファンの方に「早まらないでくれてありがとう!!!」とお礼を言いたいっす。
 
 ではでは。
 
 ■関連リンク■
 ZAKZAKより ラオウ“葬儀”に3千人参列…谷村新司しんみり弔辞
スポンサーサイト
編集 / 2007.04.19 / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
プロフィール

リトル★ダック

Author:リトル★ダック
今、ここにいる自分、明日どこかにいる自分、そんな自分の合計が一生になっちまうんですねぇ~。














仕事が楽しくなる名言集

presented by 地球の名言

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。