スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
BRUTUS 大友克洋特集
カテゴリ: 02.書籍感想
 私が大友克洋を知ったのは書店にならぶ、「AKIRA」から。その当時は漫画や漫画を書く人、その当時から盛んになったコミケとそのコミケに行く人にとても興味があって、大阪で、同人誌を置いている本屋さんを巡り歩いたことがあります。(でもコミケには今も全く未経験。識者に聞くとワンダーワールドだとか・・・・)当時は梅田阪急ファイブにあった駸々堂や心斎橋のいろいろな古本屋街を巡り歩いた中に、その「AKIRA」はありました。手に取ってみましたが、難しい・・・・。のっけから出てきたカネダはいいのですが、禿のおっさんは苦手・・・・ということで、そのときは買いませんでした。が、隣に置いてあった「童夢」は袋詰めであったのにも関わらず、何か心を引かれて買ってきてしまいました。
 
 家族から見放された老人
 家族から期待された浪人(三浪だったかな?)
 家族から置き去りにされた小学生
 家族に保護されているスペシャルな男の子(といっても高校生)
 
 「これって、今から起こることが描いてある」
 
 論理的に考えれば起こりうる帰結が、黙示録のようにそこにあって。主人公は密かに超能力を持つ「子供」。超能力の表現がすばらしかった。破壊、跳躍・・・この表現はこの後の漫画(特にドラゴンボール)アニメーションや映画に影響を及ぼしたといっても過言じゃないですよね。
 
 恐ろしさに目を離すことができなかったと同時にこの作品の虜になりました。それから、AKIRA全巻とヘンゼルとグレーテルを買いましたが、今も実家にお宝としてあります。
 
 その大友克洋氏が今度「蟲師」という映画を製作します。2007年3月にに公開されるそうですが、その作品の込めた大友氏の思い、今の作品に対する姿勢が特集になった、私にとっては美味しい1冊です(^^)
 
 

スポンサーサイト
編集 / 2006.12.20 / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
プロフィール

リトル★ダック

Author:リトル★ダック
今、ここにいる自分、明日どこかにいる自分、そんな自分の合計が一生になっちまうんですねぇ~。














仕事が楽しくなる名言集

presented by 地球の名言

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。