スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
映画:「ミス・ポター」
カテゴリ: 01.映画感想
■タイトル:ミス・ポター
■鑑賞日:2007年9月15日
■ジャンル:歴史&ラブストーリー
■お薦め度:★★★☆☆(3/5)(見てみてまあ損はない)



ミスポターミスポター

■監督:
Chris Noonan

■脚本:
Richard Maltby Jr. (written by)

■主演:

Renée Zellweger ... Beatrix Potter
Ewan McGregor ... Norman Warne
Emily Watson ... Millie Warne
Barbara Flynn ... Helen Potter
Bill Paterson ... Rupert Potter
Matyelok Gibbs ... Miss Wiggin
Lloyd Owen ... William Heelis
Anton Lesser ... Harold Warne
David Bamber ... Fruing Warne
Patricia Kerrigan ... Fiona
Judith Barker ... Hilda
Chris Middleton ... Saunders
Lucy Boynton ... Young Beatrix (10)
Oliver Jenkins ... Young Bertram (4)
Richard Mulholland ... Ashton Clifford

■プロット:
「ピーター・ラビット」の生みの親、 Beatrix Potterの半生を描く。
中流階級であるが議員となった父のおかげで、上流階級にのし上がったPotter家。彼女は32歳になっても、上流階級の男性には興味がなく、スケッチブックと物語の世界だけが唯一の友人だった。そんなある日、自立するために、本を出版することを思い立ち、印刷所を訪問する。

(以降ネタばれあり)

■私的見所:
1.テーマとか構成とか・・・・
 (1)作品にこめられた思い(テーマ)           4点/5点
 (2)作品の世界観への案内方法(ガイダンス要因)  3点/5点
 (3)作品の展開/キーワードの持ち方(トリック要因) 3点/5点

2.表現とか・・・・
 (1)映像は1に合っているか                4点/5点
 (2)脚本や演出は1に合っているか           4点/5点
 (3)音楽は1に合っているか               4点/5点 

 何がすばらしいかって、舞台となっているイギリスの湖水地方。そして、主演のベアトリクスの考え方です。まだまだ男性優位の社会において、女性は自立しなければならないと考えて、実行していくその強さです。同時期の作家に「赤毛のアン」で有名なルーシー・モンゴメリ(カナダ)がおりますが、彼女も「赤毛のアン」の中でマリラに「女性も自分で食べていかなくてはいけないから」と言わせています。
 女性運動に立つというわけではないのですが、何も言わず粛々と実行に移すところに、彼女の気概を見ました。そして、「ピーター・ラビット」もすばらしいのですが、あの湖水地方をそのままの形で今に残すきっかけをつくってくれたというのは、偉業ですよね。

 主演は「ブリジット・ジョーンズの日記」で主演を演じたRenée Zellweger、彼女はアメリカ人ですが、見事にヴィクトリア朝のイギリス人の発音で自然に演じているのがすばらしいと思いました。ビクトリア朝のレディーの私のイメージには程遠く、顔を赤らめて怒ったり、ころころ表情を変えます。でも、それが、時代に染まらないベアトリクスの実直な性格を映しているように思いました。主演男優はEwan McGregor。彼もさすがはシェークスピア俳優ということで唸らせてくれます。

 英語の教材としても、とてもわかりやすい小作品です。


■関連リンク:
オフィシャルサイト(日本)
Internet Movie Database
スポンサーサイト
編集 / 2007.09.15 / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
プロフィール

リトル★ダック

Author:リトル★ダック
今、ここにいる自分、明日どこかにいる自分、そんな自分の合計が一生になっちまうんですねぇ~。














仕事が楽しくなる名言集

presented by 地球の名言

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。