スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
映画:「インベーション」
カテゴリ: 01.映画感想
■タイトル:インベーション
■鑑賞日:2007年10月21日
■ジャンル:SF&ミステリー
■お薦め度:★★★★☆(4/5) 必ず映画館で見ること



インベージョン


■監督:
Oliver Hirschbiegel

■脚本:
Dave Kajganich (screenplay)
Jack Finney (novel)

■主演:

Nicole Kidman ... Carol Bennell
Daniel Craig ... Ben Driscoll
Jeremy Northam ... Tucker Kaufman
Jackson Bond ... Oliver
Jeffrey Wright ... Dr. Stephen Galeano
Veronica Cartwright ... Wendy Lenk
Josef Sommer ... Dr. Henryk Belicec
Celia Weston ... Ludmilla Belicec
Roger Rees ... Yorish
Eric Benjamin ... Gene
Susan Floyd ... Pam
Stephanie Berry ... Carly
Alexis Raben ... Belicec's Aide
Adam LeFevre ... Richard Lenk
Joanna Merlin ... Joan Kaufman


■プロット:
 突然、スペース・シャトルが大気圏突入時に謎の爆発をした。その破片は地球上に飛び散ったが、破片にこびりついた謎の胞子があった。その胞子に触れたものは、夜眠っている間に謎の変化を遂げ・・・・。


(以降ネタばれあり)

■私的見所:
1.テーマとか構成とか・・・・
 (1)作品にこめられた思い(テーマ)           4点/5点
 (2)作品の世界観への案内方法(ガイダンス要因)  3点/5点
 (3)作品の展開/キーワードの持ち方(トリック要因) 3点/5点

2.表現とか・・・・
 (1)映像は1に合っているか                4点/5点
 (2)脚本や演出は1に合っているか           4点/5点
 (3)音楽は1に合っているか               4点/5点 

 レイ・ブラッドベリの「僕の地下室においで」(「ウは宇宙船のウ」に収録)を彷彿とさせる物語。スペースシャトルの事故の後、朝が何事もなかったように始まる。でも、何かが違う。精神科医キャロルの元に訪れる患者は言う。「夫が別人のような気がする」一笑に伏すキャロルだったが、それは現実になって・・・・。
 
 ~なんてな日常からSFの世界にはいっていくさりげなさが、とても好き。
 
 余談ですが、下のInternet Movie Databaseにあるアメリカ版のポスターのニコールは、阿修羅のようで怖いのですが、日本のCMはとても、作品にあっていると思います。

■関連リンク:
オフィシャルサイト(日本)
Internet Movie Database
スポンサーサイト
編集 / 2007.10.21 / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
プロフィール

リトル★ダック

Author:リトル★ダック
今、ここにいる自分、明日どこかにいる自分、そんな自分の合計が一生になっちまうんですねぇ~。














仕事が楽しくなる名言集

presented by 地球の名言

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。