スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
映画:「ディスタービア」
カテゴリ: 01.映画感想
■タイトル:
■鑑賞日:2007年10月日
■ジャンル:
■お薦め度:★★★★☆(4/5)
(ハラハラドキドキが止まりません!!)

ディスタービア チラシ




■監督:
D.J. Caruso

■脚本:
Christopher B. Landon (screenplay) and
Carl Ellsworth (screenplay)

■主演:
Shia LaBeouf ... Kale Brecht (Constantinでキアヌと共演)
Sarah Roemer ... Ashley Carlson
Carrie-Anne Moss ... Julie Brecht (Matrixでキアヌと共演)
David Morse ... Robert Turner
Aaron Yoo ... Ronnie
Jose Pablo Cantillo ... Officer Gutierrez
Matt Craven ... Daniel Brecht
Viola Davis ... Detective Parker
Brandon Caruso ... Greenwood Boy #1
Luciano Rauso ... Greenwood Boy #2
Daniel Caruso ... Greenwood Boy #3
Kevin Quinn ... Mr. Carlson
Elyse Mirto ... Mrs. Carlson
Suzanne Rico ... News Anchor #1
Kent Shocknek ... News Anchor #2
Rene Rivera ... Senor Gutierrez
Amanda Walsh ... Minnie Tyco
Charles Carroll ... Judge
Gillian Shure ... Turner's Club Girl
Dominic Daniel ... Policeman
Lisa Tobin ... Big Wheel Mom
Cindy Lou Adkins ... Mrs. Greenwood

■プロット:
 ケイルは1年前に父を失う。その反動で父に関する言葉には敏感になっていた。そんな折、スペイン語の教師がケイルを挑発する。思い余って教師を殴ったケイルは、自宅監禁の処罰を受けることになる。30メートル自宅から離れると足につけられたセンサーが反応して赤になり、警官がただちに駆けつけることになっている。荒れるケイルだったが、ゲームやネットをキャンセルされた彼が行き着いた最後の楽しみは近隣を観察することだった。ひょんなことから「殺人事件らしき」ものを目撃する。

(以降ネタばれあり)

■私的見所:
1.テーマとか構成とか・・・・
 (1)作品にこめられた思い(テーマ)        3点/5点
 (2)作品の世界観への案内方法(ガイダンス要因)  4点/5点
 (3)作品の展開/キーワードの持ち方(トリック要因)4点/5点

2.表現とか・・・・
 (1)映像は1に合っているか            4点/5点
 (2)脚本や演出は1に合っているか         4点/5点
 (3)音楽は1に合っているか            4点/5点

 脚本家のChristopher B. Landonがヒッチコックの「裏窓」を意識したというだけあって、最初から最後まで気が抜けない映画となっていると思います。最初はまるでコカ・コーラの宣伝かと思うほどのファミリーな風景ですが、その夢のような光景が交通事故によって破壊されます。幸せの絶頂からいきなりどん底に突き落とされたケイルの心情は思い図って余りがあります。
 
 「トランスフォーマー」でフツウの男の子を好演したシア・ラブーフはここでも「隣のやんちゃな冴えない男の子」を好演しています。かなり我侭でキャリー・アン・モス演じる母親を相当困らせていますが、「殺人事件」かもというときの少年の気持ちの変わりようをよく観客に理解させていました。
 彼は自分が陥る結果を考えず、友人や母を助けに行くわけですが、彼の根底にあるのは、父の死のショックだと思うのです。セリフにはないんですが、「失いたくない。そのためには何だってする」という気持ちが根底にあると思いました。彼の勇気がドロドロでハラハラドキドキの映画に爽やかさを与えていると思います。私もいざというときには彼のように行動できたら・・・・なんて、思います。

■関連リンク:
オフィシャルサイト(日本)
Internet Movie Database
スポンサーサイト
編集 / 2007.11.17 / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
プロフィール

リトル★ダック

Author:リトル★ダック
今、ここにいる自分、明日どこかにいる自分、そんな自分の合計が一生になっちまうんですねぇ~。














仕事が楽しくなる名言集

presented by 地球の名言

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。