スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
映画:「しゃべれども しゃべれども」(2007)
カテゴリ: 01.映画感想
■タイトル:「しゃべれども しゃべれども」(2007)
■鑑賞日:2008年 2月 3日
■ジャンル:コメディドラマ
■お薦め度:★★★★☆(4/5)
誰かと気持ちが通じてないなぁと思ったら、見てみてください。
 
■関連リンク:
オフィシャルサイト(日本)

しゃべれどもしゃべれども






■監督:
平山秀幸

■脚本:
奥寺佐渡子

■原作:
佐藤多佳子

■主題歌
ゆず

■主演:

国分太一:二つ目の落語家/今昔亭三つ葉
香里奈  :口下手な少女/十河五月
森永悠希:関西弁の小学生/村林 優
松重 豊:元プロ野球選手/湯河原太一
八千草薫:三つ葉の祖母/春子
伊東四朗:三つ葉の師匠/今昔亭小三文

■プロット:
今昔亭三つ葉はようやく2つ目をもらった落語家。ところが教えを請おうにも師匠は「壁に向かってしゃべっとけ」といわれる。確かに壁に向かってしゃべっているような落語家であったのだが、ひょんなことがきっかけで、口下手な十河五月、関西弁をしゃべって馬鹿にされている村林 優、解説をやらせると下手糞な元プロ野球選手の湯河原太一に落語を教えることになる。最初はとおりいっぺんに、「まんじゅうこわい」を教えようとした三つ葉であったが・・・・・。


(以降ネタばれあり)

■私的見所:
1.テーマとか構成とか・・・・
 (1)作品にこめられた思い(テーマ)- 4点/5点
 (2)作品の世界観への案内方法(ガイダンス要因)- 3点/5点
 (3)作品の展開/キーワードの持ち方(トリック要因)- 3点/5点

2.表現とか・・・・
 (1)映像は1に合っているか- 4点/5点
 (2)脚本や演出は1に合っているか-  4点/5点
 (3)音楽は1に合っているか-  4点/5点 

 「話す」ことの本質を考えさせられる映画です。最初は物語を上手に話すことばかり考えている三つ葉ですが、どうやったら観客の心をとらえられるのかがわかりません。師匠の話術を真似ようとしますが、「自分で考えろ!」と叱咤されます。ところが、自分が教える側になって、弟子の話を聞く側になってようやく、聞き手にも、話を通じていろいろな心がある・・・言葉では表現できない心がある・・・ということを悟っていきます。三つ葉が段階を追って成長していく過程がすばらしかった。

 好きな場面は憧れの女性が三つ葉のために弁当を作ってくれたシーンです。三つ葉は弁当を食べているときに、その女性が別の男性と結婚することを聞かされます。三つ葉は無理してなにやら味がおかしい弁当を食べ続けて、ついに胃を下してしまいます・・・・。

 「まんじゅうこわい」をもじって「べんとうこわい~べんとうこわい~」とつぶやきながら、重い体を引きずるところは必見です。

 きっとここで、自分の話は何かってのを悟っていったんでしょうね・・・・。頭ではなくて、体で。
 
 そして、ラストの火炎太鼓の話は圧巻です。師匠の話を自分のモノにして拍手喝采をあびる三つ葉はほんとうにすばらしいです。今度は三つ葉の塾の発表会のとき、村林との対決で、課題だった「まんじゅうこわい」の代わりに暗記力のある五月は三つ葉がモノにした「火炎太鼓」を見事、しゃべりきります。ここで、話下手な二人がようやくつながっていくんです!!

 加瀬さんがいなかったら、国分太一さんが間違いなく主演男優賞だったでしょう!!
誰かと気持ちが通じてないなぁと思ったら、見てみてください。
スポンサーサイト
編集 / 2008.02.03 / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
プロフィール

リトル★ダック

Author:リトル★ダック
今、ここにいる自分、明日どこかにいる自分、そんな自分の合計が一生になっちまうんですねぇ~。














仕事が楽しくなる名言集

presented by 地球の名言

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。