スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
映画:「あかね空」(2007)
カテゴリ: 01.映画感想
■タイトル:あかね空
■鑑賞日:2007年3月31日
■ジャンル:時代劇
■お薦め度:★★★★☆(4/5)(詳細は下に)
■監督:浜本正機(監督・脚本)

■脚本:篠田正浩(企画・脚本)、浜本正機(

■主演:
内野聖陽(永吉/傳蔵)
中谷美紀(おふみ)
中村梅雀(平田屋)
勝村政信(嘉次郎)

■プロット:山本一力氏の原作の「あかね空」を映画化。希望を胸に上方から江戸へ下った豆腐職人の永吉。味覚の違いに悩みながらも恋女房に助けられ表通りに店を構えるが…。

■イベントその他:

 3月31日、109シネマズ川崎で行われた舞台挨拶に行ってきました。舞台挨拶をかけもちしていたんで、ぎりぎりセーフでした。監督と内野聖陽さん、中谷美紀さんが現れました。いろいろ苦労話がありました。撮影は昨年の2月から、夏のシーンの撮影から始めたそうです。ところが内野さん、熱がりですぐ白い息になってしまい、それでNGを良く出していたそうです。なんといっても内野氏の一人二役。傳蔵を演じるときは眉を剃ったそうですが、剃って初めて「眉毛はなんの役割をするのか」ということがわかったそうです。また共演の中谷美紀さんについてコメントを求められると、「一番怖かったのは、夫婦喧嘩の後に油揚げをあげるんですが、その揚げている後ろ姿が怖かった」と言っておられました。でも、その油の温度にするのが難しかったそうです。ガスコンロなどは使わず、実際に薪を使って火を炊いたそうで、温度調整が難しかったそうです。

 中谷さんの印象に残ったシーンは、結婚のときの木遣りだそうです。その木遣りが大変美しかったと話されていました。豆腐作りは京都の老舗に行って、実地に研修されたそうですが、「作りたてのお豆腐は、本当においしかった」と言っておられました。
 
■私的見所:
 豆腐がとりもつ、味な縁のお話でした。最初、子供がいなくなるシーンから始まります。一見関係なさそうですが、実際は最後のオチに関わります。お江戸の人情が巧みに描かれていたのと、最後は「なるほど~」と思わせる結末で何がしか爽快感がありました。
 
 おふみさんの「平気、平気」
 
 何か不思議な呪文のようです。最近、仕事で何か起こっても、「平気、平気」か「大丈夫、大丈夫」とか言ってみると、いい方向に向くように思えてしまいます。地味な映画ですけど、なんか悩みのある人には見てほしい映画だなぁと思いました。

■関連リンク:
オフィシャルサイト(日本)



■評価について:
★★★★★(5/5) 必ず映画館で見て、DVDも買ってみるべし
★★★★☆(4/5) 必ず映画館で見ること
★★★☆☆(3/5) 見てみてまあ損はない
★★☆☆☆(2/5) レンタルで見たらいいかも
★☆☆☆☆(1/5) 特にみなくてもいいかも
スポンサーサイト
編集 / 2007.04.16 / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
プロフィール

リトル★ダック

Author:リトル★ダック
今、ここにいる自分、明日どこかにいる自分、そんな自分の合計が一生になっちまうんですねぇ~。














仕事が楽しくなる名言集

presented by 地球の名言

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。