スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
Rep:「インディ・ジョーンズ」ジャパンプレミア@代々木国立競技場
カテゴリ: 07.イベント
 6月5日、東京・代々木国立競技場第一体育館で行われたインディ・ジョーンズ第4作目のプレミアに参加してまいりました。
当日、せっかく休みをとったのにも関わらず、仕事が残ってしまい、午前中は11時から並びました。名前はこちらでは出しませんが、朝早くから並んでいただいた方々には、本当に感謝しています。ありがとうございます。ジャパンプレミアについては、このへぼレポートを見なくても、オフィシャルサイト(日本)で近日中に公開されるということですので、ぜひ、そちらのほうをチェックしてください。

■プレミア招待状
インディジャパンプレミア招待状 
 (招待者のところは消してあります)

■関連リンク:
オフィシャルサイト(日本)
Internet Movie Database
 
■イベントに関する記事:
毎日.jp:ハリソン・フォード:「立てるうちに次作を」と懇願 「インディ・ジョーンズ」プレミア くいだおれ太郎も参加
映画の森:「インディ・ジョーンズ」 ジャパン・プレミアに6000人 
シブヤ経済新聞:代々木で「インディ・ジョーンズ」ジャパンプレミア-豪華出演陣ら来日
CinemaCafe.net:インディは雨ニモ負ケズ! 舞台挨拶でハリソン・フォードがルーカスにワイロ?
マイコミジャーナル:インディの次なるお宝はメガネ! - 『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』ジャパンプレミア
AFP BB news:『インディ・ジョーンズ』最新作、ジャパンプレミア開催






■レッドカーペット

ジャパン プレミア会場

 イベントは7時から始まりました。私たちは内部でプレミアを見ていたわけなんですが、石田純一さん、野村監督夫妻、AKB48といろいろなゲストの方が訪れましたが、大阪の名物、くいだおれ太郎が現れたときのどよめきが一番大きかったですね。
 
くいだおれ太郎

 90年代、ハリソン・フォード氏が今はauに統合されたツーカーホン関西のイメージキャラクターとして活躍されていたことがありました。心斎橋の金龍の名物ラーメンをすする姿は今でも瞼の奥に残っています。それが縁で、今回プレミアに呼ぶことを企画したそうです。つながりがよくわからないけど、それなりに効果があったかも・・・。実はブラッド・ピットと観月ありささんのプロモーションテレカも持っていましたが、どうも使ってしまったみたいです。今となってはレアものだったのに。チッ。
 
 ※7月にお別れにいくよん~~。太郎くん!!

そして御大登場!!
 サインするハリソン・フォード

 大声援の中、丁寧にサインをしていかれました。
 
 毎日.jpによると、激しい雨のため、屋内でイベントを開催することを検討したそうなんですが、フォードさんの「外でやろうよ」との鶴の一声で一転したそうです。でも、天下の晴れ男だったようで(どっかの雨男つうか、嵐を呼ぶ男とは違うみたい・・・(^^ゞ)、そのときだけ雨があがったんですよね。すばらしいです!!

■ジャパンプレミア

 会場は会場を半分に割って、スタンドとアリーナだけに分かれていました。

ジャパン プレミア会場

 司会の襟川クロさんが現れると、インディの紛争をしたスタッフがロープを伝って、会場へ!そしてクリスタルの髑髏(スカル)をはめこむと会場内にレーザー光が乱舞。嫌が応にも会場が盛り上がったところで、ハリソン・フォードをはじめ、プロデューサーのフランク・マーシャル、ストーリー、製作総指揮のジョージ・ルーカス、マリオン・レイヴンウッド役のカレン・アレン、製作総指揮のキャサリン・ケネディが現れました。
 
 今、これは書いている時は、うろ覚えなんで、覚えているところを拾い書きします。
 
■制作総指揮・ジョージ・ルーカス氏
 
 「日本には40年前から何度も来ていますが、今回が一番スリリングな冒険です。インディアナというキャラクターの名前ですが、実は当時、飼っていた犬の名前インディアナから思いつきました。」
 
 インディ・ジョーンズが30年も人気がある理由を尋ねられると、
 
 「インディ・シリーズが30年近く愛されている理由について「家族で楽しめる冒険アクションで、サスペンス、ロマンス、コメディーの要素もあるから。一番重要なのは、ハリソン・フォードが出演していることです」
 
 そしたら、フォード氏、なにやらポケットをごそごそ。ぐしゃぐしゃの100ドル札っぽい束を取り出し、ルーカス氏の手に握らせていました。
 
■主演 ハリソン・フォード氏

 「また日本に戻ってきて喜んでいます。私はインディ・シリーズをとても誇りに思っていて、再びインディを演じることができてうれしい。なじみの俳優たちとも仕事ができました。スティーブン・スピルバーグ監督から『今日は一緒に行けなくて残念だ』とメッセージを預かってきた。日本のファンのサポートには感謝している。作品に対してどんな反応が起きるか、興味深く見てみたい。どうぞ楽しんで下さい
 
 次回作は・・・との襟川さんの質問に会場が大きくラブコールが。それを受けてか、ルーカスに向かってひざまずき懇願してくれました。

 困った表情のルーカスは、「ちょっと考えさせて。何を探しに行けば良いのかすぐには浮かばないよ」とと応えると、フォードは、「ジョージは探すのが遅いんだよ。今度は日本が舞台かな。とりあえず、今は眼鏡(グラス)を探したい・・・・」と眼鏡を探す振りをして、視力の衰えを自虐的にほのめかすと、また会場内から歓声が。
 
 苦笑いするルーカス氏に「早く撮ってくれないと、よぼよぼになって動けなくなりますよ」とフォードが言ったことを通訳すると、また会場から笑い声が起きました。
 
■キャサリン・ケネディ

 シャイアやケイト・ブランシェットの起用についてこんなエピソードを紹介してくれました。
 
 「『トランスフォーマー』での仕事でスティーヴンが惚れ込んで、オファーを出しました。ケイトは前から悪役をやりたがっていて、それを聞いたスティーヴンが『ぜひ出てくれ!』ってお願いしたんです」

■カレン・アレン

 「今回、日本に来るのが初めてです。この役を再び演じられて、皆さんに歓迎していただいてとてもうれしいです」 ・・・というようなことを言っていた気がします。

 シャイア君は「コンスタンティン」や「Disturbia」でも活躍していて、とても好感を持っていたんですが、いろいろ事件を起しちゃっています。がんばってまたスクリーンに顔を出してほしいですね!

とにかくいつ会えるかわからないハリソン・フォードにお会いできて、本当にうれしかったです。カレン・アレンもポール・ニューマン監督作品の「ガラスの動物園」で引きこもりの姉を好演していたので、それが印象深かったのですが、こうやってまた違う魅力をみせてくださって本当にうれしかったです。

スポンサーサイト
編集 / 2008.06.05 / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
プロフィール

リトル★ダック

Author:リトル★ダック
今、ここにいる自分、明日どこかにいる自分、そんな自分の合計が一生になっちまうんですねぇ~。














仕事が楽しくなる名言集

presented by 地球の名言

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。