スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
映画:「クライマーズ・ハイ」(2008)
カテゴリ: 01.映画感想
■タイトル:「クライマーズ・ハイ」(2008)
■公開日:2008年 7月 5日
■鑑賞日:2008年 6月17日
■ジャンル:ノンフィクション/ドラマ
■お薦め度:★★★☆☆(3/5)
 新聞記者の専門用語がかなりわかりにくいのと、最初のところのセリフが聞き取りづらい・・・・だけど、2時間25分の長さを感じさせない厚みのある映画。

■関連リンク:
オフィシャルサイト(日本)
■記事
中日スポーツ:堤真一、気分は新聞記者 映画「クライマーズ・ハイ」試写会

■チラシ1
クライマーズ・ハイ チラシ表 クライマーズ・ハイ チラシ裏






■監督:
原田 眞人

■脚本:
加藤 正人
成島 仁
原田 眞人

■原作:
横山 秀夫「クライマーズ・ハイ」

■音楽:
村松 崇継

■主題歌:
元 ちとせ「蛍星」
作詞・作曲・編曲:スキマスィッチ 常田真太郎

■主演:
堤 真一  :悠木和雅(日航全権):
堺 雅人  :佐山 達哉(唯一、現場にたどり着いた記者)
尾野 真千子:玉木 千鶴子(事故原因の謎を追う)
高嶋 政弘 :安西 (登ろう会仲間)
山崎 努  :白川 頼三(北関東新聞社長)
遠藤 憲一 :等々力 部長(過去の1件で悠木と確執)
田口 トモロヲ:岸 円治(目立たないが悠木の支持者)

■プロット:
 1985年8月12日、群馬の御巣鷹山で日航機が墜落。520名あまり死亡という前代未曾有の大事故の全権を任されたのは、悠木だった。
 
(以降ネタばれあり)

■私的見所:
1.テーマとか構成とか・・・・
 (1)作品にこめられた思い(テーマ)- 4点/5点
 (2)作品の世界観への案内方法(ガイダンス要因)- 5点/5点
 (3)作品の展開/キーワードの持ち方(トリック要因)- 4点/5点

2.表現とか・・・・
 (1)映像は1に合っているか- 4点/5点
 (2)脚本や演出は1に合っているか-  4点/5点
 (3)音楽は1に合っているか-  4点/5点 

 クライマーズ・ハイ。それは、異常に興奮して、恐怖心が麻痺することを言う。そして、それが解けたとき、溜め込んだ恐怖心が一気に噴出して、一歩も動けなくなる。体中の筋肉がこわばって、動くという意思決定を拒絶する・・・・。
 
 日航機123ジャンボ機の墜落事故の調査にあたり、設備や動きの機敏さで全国版のテレビ局、新聞社に出し抜かれる北関東新聞。その中で、悠木は、「誰のために何を書くのか」を問いながら、見失いそうになりながら、玉木と佐山の追うスクープを1面に載せることを決意する。期限とした午前1時30分、佐山から「確証がとれた」との連絡が入るが、そのとき、悠木は一歩も動くことができなかった。
 
 現在と過去を交互に行き来しながら、物語は進みます。クライマーズ・ハイ。これをセリフだけではなくて、登山というひとつのドラマを重ねながら描ききる手法は斬新でした。そして、クライマーズ・ハイの悠木を支えたのは、玉木、佐山をはじめとする北関東新聞の仲間、そして、不慮の事故で亡くなった遺族の思いでした。ラスト、佐山が朗読する遺書に涙が出ます。

 そして、現在、崖に宙ぶらりになる悠木を助けたのは、10年以上も会っていない息子のザイル。働くこと、働くものの先に何があるのか。見失っているものは何か・・・・それを考えさせられる映画でした。

■リアルさの追求

 当時、FOCUSで特集された写真はショッキングでした。今でも覚えているのは、木にぶらさがった焼け焦げた腕、掌でしたが、それが寸分違わず、映画の中で再現されています。

 それと、各新聞社のネタの確執、当時、無線を持っていたのは共同通信だけで、悠木は「共同通信社の記者がいたら。無線を借りろ」というのですが、当時は貸してもらえることはなかったのではないかと。

 また、編集部と販売部の確執もものすごかった。新聞社の中での大乱闘。ほんとにこんなものなのかも・・・と思いつつ、これだけ熱くなれるのもいいなぁなんて思ってしまいます。

スポンサーサイト
編集 / 2008.06.17 / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
プロフィール

リトル★ダック

Author:リトル★ダック
今、ここにいる自分、明日どこかにいる自分、そんな自分の合計が一生になっちまうんですねぇ~。














仕事が楽しくなる名言集

presented by 地球の名言

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。