スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
Rep:「スカイクロラ」ジャパンプレミア
カテゴリ: 07.イベント / テーマ: スカイ・クロラ -The Sky Crawlers- / ジャンル: 映画
 東京国際フォーラムAで開催された「スカイクロラ」ジャパンプレミアに行ってきました。
 
 私は、先月「ナバテア」を読んでからというもの、「スカイクロラ」にはまってしまい、大急ぎでプレミアに申し込みました。ヤフオクでもけっこうな金額を出して落札したんですよ。会社に半休申請を出し、ヤフオクで落札したその日、自分で当選したハガキが2枚舞い込んでいました。そして、次の日には、またもう一枚。心を決めないと、運の神様は振り向いてくれないものです。

■関連リンク:
オフィシャルサイト(日本)
「ジャパンプレミア開催」

■ねたばれレビューはこちらです。


■チラシ1
スカイクロラ チラシ1 表 スカイクロラ チラシ1 裏

■ジャパンプレミア招待状
スカイクロラ 招待状




 当日、「真ん中で舞台挨拶と映画を見るんだ・・・・」と念じ続けていました。ほんとは「スカイクロラ」シリーズ、最終巻「クレィドゥ・ザ・スカイ」を読むつもりだったのですが、たまたま、「あのプレミア」に行っていた人があり、意気投合してしまいました。何かと話題を提供してくれる「あのプレミア」です。濡れそぼりながら、1人で何時間も耐えただけのことはありますね。あれよりひどいプレミアが今後出ないことを祈っておりますが・・・・。
 
 さて引き換えです。やった~真ん中。
 そして、私の横の通路には、空を模した水色のカーペット!!もしかして、ここ通るんですか!通るんですよね!始まる前から、嬉しくて嬉しくてわくわくしていました。
 
スカイクロラ ブルーカーペット

 スクリーンには碧い空が広がります。
 
スカイクロラ スクリーン

 そして、19時10分ごろでしょうか~~。突然、警報がけたたましく鳴り出し、舞台に設置された赤いランプが点滅します。ドライアイスが焚かれ、白い煙が舞台上に充満した頃、下からせりあがってくるものが・・・・。それは、主人公達が乗る「散香」の機体、そして横には押井監督が!!赤い光で顔を拝見できませんでしたが、何故か俯き加減なのがかっこいい!!
 
 押井監督はかっこいいフライトジャケットを着ています。だ、誰が着せたんでしょうか!!ちなみに、7月3日はフジの笑っていいともに出演されていましたが、その普段着にそのジャケットを着ていて、舞台上のライトを浴びて、暑そうでした。
 
 ところが、アナウンサーに出てきたときの感想を聞かれると、「恥ずかしかったです・・・・」と。押井監督、かわいいです。とても50歳すぎたおじ様には見えませんよ~~。で、次にアナウンサーが登壇者の名前を呼びます。すると菊地凛子さん、加瀬 亮さん、谷原章介さん、栗山千明さんが現れました。運よく、全員の方「に」握手ができました。「握手」や触れ合う人が多い映画は、ヒットするというジンクスが私にはあります。ほんとに祈っています。ヒットするのを。いい映画ですもの!!。ちなみに、一番冷たい手だったのは菊池さんでした~。他の方々は普通の感じでしたね。
 
 何をコメントされたかについては、公式サイト「ジャパンプレミア開催」のところに全部のコメントが出ていますので、そちらをご参照ください。
 
 実は、声については、全然期待していなかったのです。でも、合ってました。菊地凛子さんってちょっと舌足らずなところがあるように思うのですが、語尾のはしばしの舌足らずなところが、妙に幼さをかもし出し、草薙をさらに魅力的にしていました。 
 「ジャパンプレミア開催」の最後で押井監督が言っているとおりです。

・・・・とまぁ、今回は、がんばって応募して、並んだ甲斐があった実り多いプレミアでした。映画、公開されたら、もう一度見に行きます!!

スポンサーサイト
編集 / 2008.07.03 / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
プロフィール

リトル★ダック

Author:リトル★ダック
今、ここにいる自分、明日どこかにいる自分、そんな自分の合計が一生になっちまうんですねぇ~。














仕事が楽しくなる名言集

presented by 地球の名言

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。