スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
Rep:「スカイ クロラ」(2008)舞台挨拶@新宿ミラノ1、その他
カテゴリ: 01.映画感想 / テーマ: スカイ・クロラ -The Sky Crawlers- / ジャンル: 映画
 3回目のスカイクロラ行ってきました。回を追うほど泣いてしまいますね。最初はなまじっか原作を知っているってことで、原作との違いを比較しながら、頭で見ちゃっていたんで。3回目になると細かい演出がいろいろと目に入るのですが、やっぱり泣いてしまいます。今回の舞台挨拶のチケットは、ぴあのプレリザーブで当選したものですが、「かなり前方でもとっても右側」という好位置につけることができました・・・(^_^)v。でも、この場所になると舞台が近いです。

■チラシ1
スカイクロラ チラシ1 表 スカイクロラ チラシ1 裏

■ジャパンプレミア招待状
スカイクロラ 招待状

■パンフレット
スカイクロラ パンフレット

■プレスシート
プレスシート

■半券
スカイクロラ半券





■関連リンク:
オフィシャルサイト(日本)






 パーソナリティは伊藤さとりさん。「功殻機動隊(2.0)」を見た人は・・・・と聞くと、私の見ている範囲でも10本くらい手があがっていました。やっぱりみんな好きなんですよね。押井監督作品。
 そして、舞台挨拶者は菊地凛子さん、加瀬亮さん、西尾鉄也さん、押井監督の順番で登場。まず、ご挨拶ってことで、彼らのコメントはこんな感じでした。不明な部分はこころぐ語で補完しています。(詳細はオフィシャルサイトにて)

【1】挨拶

■西尾鉄也さん

 作画監督でキャラクターデザインをやらせていただきました西尾です。この映画の実作業は今年の春に終わっていましたので、今日、公開されるこの初日を首を長くして待っておりました。こうして公開の日を迎えて、こんなに多くの人に来てもらえて感無量です。

■加瀬亮さん
 
 土曜日の朝早く来ていただいて、ありがとうございます。映画は楽しんでいただけましたでしょうか(場内拍手)。押井監督が育てた芽が一気に花開いたような、そんな素敵な作品に参加できたことを嬉しく思います。
 
■菊地凛子さん

 初日というのは、この作品に関わった皆にとって、とても重要な1日です。1回目の上映から多くの人に来ていただきありがとうございます。押井監督の力が入った作品ということもあり、苦労したこともありましたが、多くの経験をさせていただきました。ぜひ、ご満足いただけましたら、ご家族の方、友達の方に紹介してください。
 
■押井監督

 暑い中、ありがとうございます。やっと、悪夢のようなキャンペーンが終わり、家に帰れると思うとほっとしています(笑)。らしくない映画と、あちこちで言われているようですが、この映画は生まれ変わったつもりで作りました。この作品が成功しなかったら、(アニメ作りを)辞めます。なので、辞めさせたくなかったら、皆さん協力してください(笑)。

【2】演じてこられたお二人にお伺いします。世界観についてどう思われますか?

■加瀬亮さん

 最初に台本を読んで、自分が生きていく上で、なかなか言葉にならない部分を掴んでいる、すごい作品だと思いました。

■菊地凛子さん

 渋いラブ・ストーリーです。が、感情に訴えかける部分があります。虚構の作品ですが、現実世界にあるようなことですし、色々なメッセージが込められていると思いました。
 
【3】ベネチア映画祭金獅子賞ノミネートについて

■押井監督
 
 金といっても、こちらはライオンですから。狙いにいくといっても、自分はやることはないですし、向こうの都合で決まることですから(笑)。言ってみれば観念していくしかない。カンヌの例もありますし、時の運に任せるしかないですね。でも、ヴェネチアは好きな場所なので行けるのは嬉しいです。前回(『イノセンス』がコンペに出品された第57回カンヌ映画祭)は(プロデューサーの)石川光久と(音楽の)川井憲次と一緒で全然絵にならなかった。今回は、加瀬くん、凛子が一緒なので、レッドカーペットは絵になると思います。9月3日楽しみにしていてください。
 

■加瀬亮さん

 とても嬉しいです。何年も前に作品を持って1回行きましたが、コテンパンにやられました。今回はスカイクロラでリベンジしたいと思います。
 
■菊地凛子さん

 どうせだったら金を獲れたらいいなと思います。ヴェネチアは旅行気分で行くつもりだったのですが、そうはいかない気がしてきました。
 
【4】最後に一言お願いします。

■菊地凛子さん

 スカイクロラが全国で航海されて多くの人々に見てもらえるように祈っています。さっきも言ったように、友人、ご家族の方にぜひすすめてください。
 
■加瀬亮さん

 押井監督が、自分の限界を超えて苦労して作った作品だと思います。押井監督を辞めさせないためにも多くの人に勧めていただいて、多くの人にこの作品を届けられたらと思います。

■西尾鉄也さん
 
 最近は押井監督がTVに出ているのをニヤニヤしながら見ていました。その楽しみが無くなるのは残念ですが、映画が大ヒットしてひっぱりだこにあんるように祈っています。2年間の間の多くのスタッフの汗と涙の結晶です。面白かった人は2度、3度と見ていただき、面白くなかった人は面白くなるまで何回も見てください(笑)。
 
 夏休みは『スカイ・クロラ』漬けでお願いします。

■押井監督

 (西尾さんの言葉を受けて)もうテレビ出演はこりごりですので、しばらくおとなしく生きようと思っています。この作品は製作からキャンペーンまで力いっぱいやらせてもらいました。やっと終わって、手を離れたなという気持ちです。映画は語ることで成立します。誰と何を語るのかで、真価が問われると思います。この映画を見て、大切な誰かと語ってもらえると感無量です。今日はありがとうございました。




 ちなみに余談です。デイリースポーツによると、大阪ではとると宣言していたそうです(笑)。

 
大阪では「せっかくなんで金獅子賞(最高賞)をとりたい」と宣言。菊地も「金をとりに行けたら」と一緒に誓っていた。



 菊地さんがお話されているときに、監督どっち見ているのかな・・・・監督と目が合っているような錯覚がありました・・・・。ティーチイン試写会では、ひとつ質問をさせていただいて、今回、面白さ倍増でございました。その後、サインをいただける機会があったので、もしかして。もし、覚えていていただいていたのなら、幸いでございます~~(涙)。
 
 今にして思えば、会釈しておけばよかったような・・・・(^^ゞ。いつもながら気が効かないやつ~。




■こころぐ関連記事■
2008.07.25 :Rep:押井監督「スカイクロラ」ティーチイン
2008.07.03 :Rep:「スカイクロラ」ジャパンプレミア
2008.07.03 :ねたバレレビュー



■日テレに展示されている散香262-02

・地上1Fの広場より

 390万円で売っているんだそうです。ひぇぇぇぇ
 
1Fに展示してある散香

・散香の後部。

 映画の中では、プロペラを回してもらっているシーンが2,3箇所ありますね♪

散香の後部 ここがよく映像に出ます。

・2階から見下ろしたところ

 2Fから見た散香


■日本テレビタワー2階で上映されているスカイクロラの3D上映会のスケジュール。
(おおよその目安としてください)
3Dシアタースケジュール

 ちなみに予告編5分、実際の3D映像は7分くらいな感じです。またスクリーンの前には7月30日~8月1日にかけて、押井監督や菊地凛子さんや加瀬亮さん(恐らく)といった方々のサインがはいったパネルがかざられています。




■スカイ・クロラ 「散香」ペーパーウェイト付前売券 一般 3990円(詳細

 ローソン限定スカイ・クロラ 「散香」ペーパーウェイト付前売券はすべて完売してしまったそうです。私はすごく迷って、7月23日にぎりぎりセーフで申し込みました。やっぱ、この散香をさ~かわいく思う人が多いってことですよね。でも、文鎮としてはどうかなぁ・・・・(^^ゞ・
「散香」ペーパーウェイト前売券 一般 3990円
スポンサーサイト
編集 / 2008.08.02 / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
プロフィール

リトル★ダック

Author:リトル★ダック
今、ここにいる自分、明日どこかにいる自分、そんな自分の合計が一生になっちまうんですねぇ~。














仕事が楽しくなる名言集

presented by 地球の名言

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。