スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
映画:「インクレディブル・ハルク」(2008)
カテゴリ: 01.映画感想 / テーマ: 映画館で観た映画 / ジャンル: 映画
■タイトル:「インクレディブル・ハルク」(2008)
■公開日:2008年 8月 1日
■鑑賞日:2008年 8月 3日
■ジャンル:ファンタジー/アニメ/アクション
■お薦め度:★★★☆☆(3/5)
 ハルクじゃないときのノートンの演技がなんかあったかくていいですぅ。

■関連リンク:
オフィシャルサイト(日本)
imdb関連サイト

■チラシ1
インクレディブル・ハルク チラシ表 インクレディブル・ハルク チラシ裏







■監督:
Louis Leterrier

■脚本:
Zak Penn (screenplay)
Zak Penn (screen story)

■音楽:
Craig Armstrong (代表作:「ラブ・アクチュアリー」)

■主演:
Edward Norton ... Bruce Banner
Liv Tyler ... Dr. Elizabeth 'Betty' Ross
Tim Roth ... Maj. Emil Blonsky
William Hurt ... Gen. Thaddeus 'Thunderbolt' Ross (→この人もカメレオンですねぇ・・・)
Tim Blake Nelson ... Dr. Samuel Sterns
Ty Burrell ... Dr. Lennord Samson
Christina Cabot ... Major Kathleen 'Kat' Sparr
Peter Mensah ... General Joe Greller
Lou Ferrigno ... Voice of The Incredible Hulk / Security Guard
Paul Soles ... Stanley
Debora Nascimento ... Martina
Simon Wong ... Grad Student
Pedro Salvin ... Tough Guy Leader

■ロケーション:
British Columbia, Canada
Dundas, Ontario, Canada
Dundurn Castle, Hamilton, Ontario, Canada
(これはどこのシーンだったんでしょうか・・・・)
Hamilton, Ontario, Canada
New York City, New York, USA
Rio de Janeiro, Brazil
(冒頭のホッシーニャと呼ばれる街ですね。カラフルな階段の景色が印象的)
Toronto Film Studios, Toronto, Ontario, Canada
Toronto, Ontario, Canada
Trenton, Ontario, Canada

■プロット:

 ブルースは自分の犯された細胞を修復すべくMr.Blueとネットで連絡をとる。彼に血清を送り、なんとか解決方法が見つかったとの連絡を得る。そんな折、彼の血が一滴入ったジュースがアメリカに輸出され、彼の居場所が軍にばれてしまう。彼を追うのは彼の恋人ベティの父の将軍だった。

(以降ネタばれあり)

■私的見所:
1.テーマとか構成とか・・・・
 (1)作品にこめられた思い(テーマ)- 3点/5点
 (2)作品の世界観への案内方法(ガイダンス要因)- 2点/5点
 (3)作品の展開/キーワードの持ち方(トリック要因)- 4点/5点

2.表現とか・・・・
 (1)映像は1に合っているか- 3点/5点(CGがいまいち)
 (2)脚本や演出は1に合っているか-  4点/5点(役者がいいですよね~)
 (3)音楽は1に合っているか-  3点/5点 (もう少し低音が欲しいかなぁな感じ)

 やっぱり、ベースに何を持っているか、それを俳優を含めたスタッフがどれだけ強く思っているかで、こういう作品は面白さが格段に違ってくるように思います。ここはノートンの力が色濃く出た感じがします。ラスト、あの怪物を倒してしまわないところは、最近のアメリカ映画の特徴でしょうか。昔は、根絶やしにしてしまって、目出度し目出度しでしたが、すこしずつ、悪に対する考え方がやわらかくなったのでしょうか。

 先日、プレミアがあったダークナイトもそうなんですが、単純に勧善懲悪ではなくなってきたなぁと思いました。

 「悪って何」

 そういうのを考えさせる作りになってきていますね~。
 
 ラストのラスト、将軍の前に立ち、「これからは、鉄だ」という男がいます。、実は9月に上映されるアイアンマンに出演しているロバート・ダウニー・JRだったりするんですねぇ。ソニーピクチャーさん、やってくれますわ~。次のアイアンマンが楽しみになってきました!!
スポンサーサイト
編集 / 2008.08.03 / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
プロフィール

リトル★ダック

Author:リトル★ダック
今、ここにいる自分、明日どこかにいる自分、そんな自分の合計が一生になっちまうんですねぇ~。














仕事が楽しくなる名言集

presented by 地球の名言

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。