スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
映画:「20世紀少年」(2008)
カテゴリ: 01.映画感想
■タイトル:「20世紀少年」(2008)
■公開日:2008年 8月30日
■鑑賞日:2008年 9月 7日
■ジャンル:人間ドラマ
■お薦め度:★★★☆☆(3/5)
 堤監督のファンだけど、今回の映画は荒唐無稽・・・・。
 ケイゾクのときのような冒険がいろいろほしかった。CGの多用がかえって監督の足をひっぱったような・・・・。ところで、クレジットの後に第二章の予告編がありますので立たないでくださいね。

■関連リンク:
オフィシャルサイト(日本)
小学館コミック-20世紀少年

■チラシ1
20世紀少年 チラシ表1 20世紀少年 チラシ裏






■監督:
堤 幸彦

■脚本:
福田 靖、長崎 尚志、浦沢 直樹、渡辺 雄介

■原作:
浦沢 直樹

■音楽:
白井 良明

■主題歌:
T・レックス「20th Century Boy」(EMIミュージック・ジャパン/インペリアル・レコード)

■主演:

ケンヂ(遠藤健児):唐沢寿明、田辺修斗(中学生時代)、西山潤(幼少)
オッチョ(落合長治):豊川悦司、澤畠流星(幼少)
ユキジ(瀬戸口雪路):常盤貴子、松元環季(幼少)
ヨシツネ(皆本剛):香川照之、小倉史也(幼少)
マルオ(丸尾道浩):石塚英彦(ホンジャマカ)、安岡壱哉(幼少)
モンちゃん(子門真明):宇梶剛士、矢野太一(幼少)
ケロヨン(福田啓太郎):宮迫博之(雨上がり決死隊)、森山拓哉(幼少)
ドンキー(木戸三郎):生瀬勝久、吉井克斗(幼少)
ヤマネ(山根昭夫):小日向文世、安彦統賀(幼少)
フクベエ(服部哲也):佐々木蔵之介、上原陸(幼少)
万丈目胤舟:石橋蓮司
神様:中村嘉葎雄
キリコ(遠藤貴理子):黒木瞳
友民党CMのタレント:藤井隆、山田花子
田村マサオ:ARATA
敷島ミカ:片瀬那奈
アルバイト店員のエリカ:池脇千鶴
敷島ゼミの学生:三浦敏和・鈴木崇大(タカアンドトシ)
スクーターの若い男:中田敦彦・藤森慎吾(オリエンタルラジオ)
池上正人:藤井フミヤ
ノブオ:布川敏和
ケンヂの同級生:石橋保、入江雅人
ロックバンドのボーカル:及川光博
ロックバンド:ナイトメア
ピエール一文字:竹中直人
漫画家・角田:森山未來
諸星:津田寛治
コンビニの本部教育員:徳井優
市原節子:竹内都子(ピンクの電話)
木戸美津子:洞口依子
血まみれの男:遠藤憲一
ヤマさん:光石研
ヤン坊・マー坊:佐野史郎、山田清貴(幼少)
オリコー商会社長:ベンガル
遠藤チヨ:石井トミコ
ジジババ:研ナオコ
チョーさん:竜雷太
諸星の母:吉行和子
チュウさん:田村泰二郎
浜さん:横山あきお
へーちゃん:不破万作
自衛隊隊長:小西康久
SAT隊長:岩尾万太郎
通販のタレント:ダンディ坂野
コメンテーター:デーブ・スペクター、宮崎哲弥
ジジババのジジ(遺影):田中健
フジヤマトラベル(声):中村正
ギャル:木下優樹菜
コンチ:清水歩輝(幼少)
滝口順平
遠藤カンナ:平愛梨、畠山彩奈(幼少)

■プロット:
時は1997年、ケンジはしがないコンビニを営んでいる。ところが幼馴染の木戸三郎の突然の訃報と彼が残した手紙に愕然とする。そこには、彼が小学生のときにオッチと作った指のマークが書かれていた。同窓会の噂によると、それは宗教のマークで教祖は「ともだち」という。また、教祖の魔の手は蒸発した姉のキリコの娘、カンナにも伸びていた。
 ケンジは29年前の記憶を辿り、なんとか「よげんの書」を見つけるが、2000年12月31日、世界は最終を迎えようとする。

(以降ネタばれあり)

■私的見所:
1.テーマとか構成とか・・・・
 (1)作品にこめられた思い(テーマ)- 3点/5点
 (2)作品の世界観への案内方法(ガイダンス要因)- 3点/5点
 (3)作品の展開/キーワードの持ち方(トリック要因)- 3点/5点

2.表現とか・・・・
 (1)映像は1に合っているか- 2点/5点
 (2)脚本や演出は1に合っているか-  2点/5点
 (3)音楽は1に合っているか-  5点/5点 

 「ケイゾク」「トリック」の堤監督の作品。監督にすると、なんか切れが悪い感じがします。唯一、監督らしいタッチが見えるのは、細菌兵器をばらまかれる場所を推定するところですね。子供なんで、地名を覚えるのも近くの喫茶店だったりするのですが、たまたま道路沿いにサンフランシスコ、ロンドンとお店が並んでいたために、そういう順番になっちゃったわけですね~。でも、堤さんには珍しく、テンポが遅いです。教団のところではもっと笑わせてくれるかと期待していたのですが!!!!

 ラストで、ケンジは幼馴染を集めて、「ともだち」 に対抗しようとしますが、やむなく敗北。教科書には世紀の大悪人と載せられ、同志も不遇の扱いを受けます。ラストには、オッチこと落合が懸命に脱獄しようとしているところで終わりますが、いったいどうなるのでしょうか!!!

 そして、第二章は、ケンジの姪カンナが主役です。

スポンサーサイト
編集 / 2008.09.07 / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
プロフィール

リトル★ダック

Author:リトル★ダック
今、ここにいる自分、明日どこかにいる自分、そんな自分の合計が一生になっちまうんですねぇ~。














仕事が楽しくなる名言集

presented by 地球の名言

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。