スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
映画:「ブーリン家の姉妹」(2008)
カテゴリ: 01.映画感想 / テーマ: 映画館で観た映画 / ジャンル: 映画
映画:「ブーリン家の姉妹」(2008)

■タイトル:「ブーリン家の姉妹」(2008)
■公開日:2008年 10月25日
■鑑賞日:2008年 10月26日
■ジャンル:歴史ドラマ/イギリス
■お薦め度:★★★☆☆(3/5)
 物語をそのまま受け入れるのはどうか・・・・と思いますが、ナタリー・ポートマン、スカーレット・ヨハンソン、エリック・バナと今のハリウッドの一世を風靡する俳優が演じる歴史の裏側を堪能できます。

■関連リンク:
オフィシャルサイト(日本)
imdbサイト

■チラシ1
ブーリン家の姉妹 チラシ表 ブーリン家の姉妹 チラシ裏






■監督:
Justin Chadwick

■脚本:
Peter Morgan (screenplay)

■原作:
Philippa Gregory (novel)

■音楽:
Paul Cantelon

■主演:

Natalie Portman ... Anne Boleyn
Scarlett Johansson ... Mary Boleyn
Eric Bana ... Henry Tudor
Jim Strgess ... George Boleyn
Mark Rylance ... Sir Thomas Boleyn
Kristin Scott Thomas ... Lady Elizabeth Boleyn
David Morrissey ... Thomas Howard - Duke of Norfolk
Benedict Cumberbatch ... William Carey
Oliver Coleman ... Henry Percy
Ana Torrent ... Katherine of Aragon
Eddie Redmayne ... William Stafford
Tom Cox ... Rider
Michael Smiley ... Physician
Montserrat Roig de Puig ... Lady in Waiting
Juno Temple ... Jane Parker

■プロット:

(以降ネタばれあり)

■私的見所:
1.テーマとか構成とか・・・・
 (1)作品にこめられた思い(テーマ)- 5点/5点
 (2)作品の世界観への案内方法(ガイダンス要因)- 5点/5点
 (3)作品の展開/キーワードの持ち方(トリック要因)- 4点/5点

2.表現とか・・・・
 (1)映像は1に合っているか- 4点/5点
 (2)脚本や演出は1に合っているか-  4点/5点
 (3)音楽は1に合っているか-  4点/5点 

 マザーグースの「6ペンスのうた」にも言及されているアン・ブーリン王妃。またロンドン塔にも出没することで有名な方とその兄弟の物語です。見た人から「どろどろ」しているといわれて期待していったのですが、史実からすると、まだ語られていない部分が多かったです。
 ヘンリー8世がメアリーが生んだ男の子を嫡子としなかったのは、当時からメアリーは数人の男性と関係を持っていたからだったそうですし、弟のジョージさんは女性よりも同性愛者だった(IMDBにありましたが、ほんとかな?)そうです。
 
 ただ、死刑執行シーンは細かい史実に基づいています。ジョージの場合にはイギリスの伝統的なやり方で斧で首をはねられるんですが、アンのときはわざわざ元夫がフランスからよく研いだサーベルと死刑執行人を連れてきて、アンの首をはねたそうです。
 
 10月11日の世界ふしぎ発見-秘密の英国王室紀行 愛と野望の王妃アン・ブーリンでこの映画の特集がありました。彼女は娘の成長する姿を見ることはありませんでしたが、エリザベス一世は、母の肖像画を胸のロケットに入れて、始終持ち歩いていたんだそうです。この話を聞いたとき、陰惨な歴史の中にちょっとした温かさを感じました。
 
 物語をそのまま受け入れるのはどうか・・・・と思いますが、ナタリー・ポートマン、スカーレット・ヨハンソン、エリック・バナと今のハリウッドの一世を風靡する俳優が演じる歴史の裏側を堪能できます。

■関連リンク■
世界ふしぎ発見-秘密の英国王室紀行 愛と野望の王妃アン・ブーリン
ウィキペディア:アン・ブーリン
http://www.hrp.org.uk/TowerOfLondon/
スポンサーサイト
編集 / 2008.10.26 / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
プロフィール

リトル★ダック

Author:リトル★ダック
今、ここにいる自分、明日どこかにいる自分、そんな自分の合計が一生になっちまうんですねぇ~。














仕事が楽しくなる名言集

presented by 地球の名言

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。