スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
映画:「ハッピー・フライト」(2008)
カテゴリ: 01.映画感想 / テーマ: 映画感想 / ジャンル: 映画
■タイトル:「ハッピー・フライト」(2008)
■公開日:2008年 11月15日
■鑑賞日:2008年 11月15日
■ジャンル:コメディ
■お薦め度:★★★★☆(4/5)
 綾瀬はるかのキュートさ、寺島しのぶの渋味、田辺と時任の意外な好相性が現場で働く人々をコミカルにでも凛々しく描き出しています。
 
■関連リンク:
オフィシャルサイト(日本)
■チラシ1
ハッピーフライト チラシ1表 ハッピーフライト チラシ1裏

■チラシ2
ハッピーフライト チラシ2表 ハッピーフライト チラシ2裏









■監督:
矢口史靖

■脚本:
矢口史靖

■音楽:
ミッキー吉野

■主題歌:
フランク・シナトラ『カム・フライ・ウィズ・ミー』

■主演:

パイロット
 田辺誠一:鈴木和博、副操縦士(コーパイロット)。OJTの最中で機長昇進試験の最中にある。
 時任三郎:原田典嘉、機長(キャプテン)。厳格で厳しい姿勢で威圧感を与える。
 小日向文世:望月貞男、機長・キャプテン。温厚な性格でどんな副操縦士でも機長昇格の合格通知を出す寛容さ。鈴木の教官を務める予定だったが風邪をひいて原田に代わってもらった。
 
CA(キャビンアテンダント)
 綾瀬はるか:斎藤悦子、新人CA
 寺島しのぶ:山崎麗子、チーフパーサー。
 吹石一恵:田中真里
 坂井三恵:武井亜弥
 長谷部瞳:内藤紗英

エコノミー・パーサー

 華城季帆:小林恵美(R2)
 高松いく:林原奈々(R1) -

グランドスタッフ

 田畑智子:木村菜採
 平岩紙:吉田美樹
 田山涼成:森田亮二

■プロット:
 副操縦士の鈴木は今回のOJTが機長になれるかどうかの分かれ目。ひよっこ新人CAの斉藤は初の国際線に心を弾ませながらも、チーフパーサーが鬼の山崎だということを知って憂鬱。グランドスタッフの木村は出会いがない仕事に限界を感じ辞めようかと考えていた。そんな中、ホノルル行きの便はトラブルを抱えながらも離陸した。しかし・・・・。
 
(以降ネタばれあり)

■私的見所:
1.テーマとか構成とか・・・・
 (1)作品にこめられた思い(テーマ)- 4点/5点
 (2)作品の世界観への案内方法(ガイダンス要因)- 3点/5点
 (3)作品の展開/キーワードの持ち方(トリック要因)- 4点/5点

2.表現とか・・・・
 (1)映像は1に合っているか- 4点/5点
 (2)脚本や演出は1に合っているか-  3点/5点
 (3)音楽は1に合っているか-  3点/5点 

 「スウィングガールズ」「ウォーターボーイズ」を世に出した矢口史靖監督の作品・・・ということでちょっと過剰な期待をしていた私。監督の前作を超えるまでには至りませんでしたが、楽しめる一作です。作品のレベルを上げているのはチーフパーサーの寺島しのぶやグランドスタッフの木村菜採のがんばり。航空機内の話なので、現実とかけ離れた設定をするとあまり面白くないと思いましたが、それなりに落差があって楽しい映画でした。

 ボーイング747-400D(JA8963:元マリンジャンボ)の離陸シーンが好きです。恐らくCGだと思うのですが、間近でエンジンが噴射する光景なんて、あまり見ることができないじゃないですか~。
 
 トラブルの元はというと「ばかなカモメ」が機体に衝突して計器が狂ったため。いろいろな人が絡み合って、飛行機を無事に飛ばしているんだと実感しました。

 撮影ロケは羽田空港にも関わらず関西空港のANAのゲート付近。大阪人にとっては愛着のある

 #それにしてもWikipediaにあるトリビアを見ると、「企画当初、監督は航空パニック映画を考えていたが、その後、2年のリサーチの結果、飛行機が墜落する可能性が非常に低いことと、同時に航空業界の裏で働く人々の面白さを知り、脚本の内容を変更した」とあります。リサーチに基づくってところがいいですね。
 
 でも、私、某アメリカの航空会社の飛行機に乗っていて、エンジン4基のうち2基が故障した事件に遭遇したことがあります。そのときは、高度が十分に上がらず、機体を軽くするために燃料まで捨てて、成田に戻り、機体変更してアメリカに向かいました・・・・・(^^;。鳥がぶつかったくらいで実はスタッフの方はひやひやなんですから、エンジン2基故障なんてありえないことだったんだなぁと今更ながらにぞっとしています。
 またさらに怖いことに、日本のマスコミでは、まったくこの件について触れることがなかったんですね。会社ぐるみの証拠隠滅は深刻な事態だと思います。
スポンサーサイト
編集 / 2008.11.15 / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
プロフィール

リトル★ダック

Author:リトル★ダック
今、ここにいる自分、明日どこかにいる自分、そんな自分の合計が一生になっちまうんですねぇ~。














仕事が楽しくなる名言集

presented by 地球の名言

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。