スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
映画:「余命」(2009)
カテゴリ: 01.映画感想
■タイトル:「余命」(2009)
■公開日:2009年 2月 7日
■鑑賞日:2009年 2月 8日
■ジャンル:人間ドラマ
■お薦め度:★★★☆☆(3/5)
 確かに命は受け継がれて、また別の命と関わってそのまた別の命に引き継がれていく・・・・。そのシーンの美しさは、この真実を身近に実感させてもらえる映画。女性は見ておいたいいと思います。
 
■関連リンク:
オフィシャルサイト(日本)

■チラシ1
余命 チラシ表 余命 チラシ裏








■監督:
 生野慈朗

■脚本:
 河原れん
 生野慈朗

■原作:
 谷村志穂「余命」(新潮文庫刊)

■音楽:

■主題歌:
 『Get A Life ~Again~』twenty4-7 (rhythm zone)

■主演:
 松雪泰子:百田 雫
 椎名桔平:百田 良平
 林遣都 :百田 瞬太
 宮崎美子:
 橋爪 功:

■プロット:
 外科医・百田滴は結婚10年目にして妊娠する。過去に発症性乳がんを患い、子供を授かることを期待していなかっただけに、フリーカメラマンの夫・良介と誕生を悦びあう。しかし喜びもつかの間、発症性乳がんが再発することを滴は知る。出産は38歳の滴にとって最後のチャンス。しかし産んだところで自分は育てられない。子供を諦めて治療に専念すべきか、ガンの進行を早めることになっても子供を生むか、病を知り尽くした滴は苦渋の決断を迫られる…。そんな中、滴は故郷の奄美大島に帰ることを決意する。

(以降ネタばれあり)

■私的見所:
1.テーマとか構成とか・・・・
 (1)作品にこめられた思い(テーマ)- 5点/5点
 (2)作品の世界観への案内方法(ガイダンス要因)- 4点/5点
 (3)作品の展開/キーワードの持ち方(トリック要因)- 3点/5点

2.表現とか・・・・
 (1)映像は1に合っているか- 4点/5点
 (2)脚本や演出は1に合っているか-  4点/5点
 (3)音楽は1に合っているか-  4点/5点 

 近くの映画館で舞台挨拶のチケットが余っているのを発見して、見に行ってきました。重いテーマですが、滴と同じ立場に立たされたら、たぶん、子供をとるかなぁ。あとはなんとかなるだろうと「悲観主義論者並みな楽観的な見方」を通すのではないかと・・・・。悩みの末に故郷の奄美大島に戻った滴は、島の小学校である4人兄弟の末っ子が書いた作文を読み、金色の海に溶けていきそうな夕日の中で、子供を生む決意を固めます。光の中にとろけていきそうな滴の姿は神々しく美しかったです。
 
 時は流れ、その光の中に佇むのが滴の忘れ形見の瞬太。「瞬太、お前、何やってんだ?」と問いかけられた彼。
 
 「生まれてきてよかったなぁと思って」
 
 確かに命は受け継がれて、また別の命と関わってそのまた別の命に引き継がれていく・・・・。そのシーンの美しさは、この真実を身近に実感させてもらえました。映画を作っている人の心がきれいだと、自然は応えてくれるのかもしれませんね。
 
 舞台挨拶の中で監督からコメントがありましたが、滴が小学校で見つけた作文は、本当にその小学校の児童が書いた作文だったのだそうです。なんでもロケ中に発見したのだそうな。それで、その児童とご家族の方と交渉して、実際に作文を書いた本人に作文を朗読してもらっているのだそうです。内容は忘れてしまいましたが、こんなことを書いてもらえるお母さんって幸せだろうなぁと思いました。
 
 乳がんの怖さを教えてもらえるのと同時に、悩みをなんでも引き受けて完璧にこなすことができる人間でも、「人を頼ってもいいんだよ」と言ってくれる映画でもあります。滴っていう人は美人だし、敏腕外科医だし、旦那を養っているし、すっごくできるスーパーな人なんですよね。でも、やっぱり人間だから限界があります。理想に叶わないことのほうが多くなるんですが、そこを我が身に鞭打って絶える人なんですよね。そういう人ってえてしていろいろなものを引き受けてしまうのかなとも思いました。
 
 女性だったら、見たほうがいい映画です・・・。いろんなことを勉強させてもらえました。
スポンサーサイト
編集 / 2009.02.08 / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
プロフィール

リトル★ダック

Author:リトル★ダック
今、ここにいる自分、明日どこかにいる自分、そんな自分の合計が一生になっちまうんですねぇ~。














仕事が楽しくなる名言集

presented by 地球の名言

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。