スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
映画:「7つの贈り物」(2008)
カテゴリ: 01.映画感想 / テーマ: 映画館で観た映画 / ジャンル: 映画
■タイトル:「7つの贈り物」(2008)
■公開日:2009年 2月21日
■鑑賞日:2009年 2月22日
■ジャンル:人間ドラマ
■お薦め度:★★★☆☆(3/5)
 最初の15分と最後の30分、耐えて起きていればOK。
贖罪に苦しむ男の気持ちはよくわかります。わかりますが・・・・。

■関連リンク:
オフィシャルサイト(日本)
IMDBサイト

■チラシ1
7つの贈り物 チラシ1表 7つの贈り物 チラシ1裏

■チラシ2
7つの贈り物 チラシ2表 7つの贈り物 チラシ2裏



■監督:
Gabriele Muccino

■脚本:
Grant Nieporte (written by)

■原作:
Grant Nieporte (written by)

■音楽:
Angelo Milli

■主題歌:

■主演:
Will Smith ... Ben Thomas
Rosario Dawson ... Emily Posa
Woody Harrelson ... Ezra Turner
Michael Ealy ... Ben's Brother
Barry Pepper ... Dan
Elpidia Carrillo ... Connie Tepos
Robinne Lee ... Sarah Jenson
Joe Nunez ... Larry (Hotel Owner)
Bill Smitrovich ... George Ristuccia
Tim Kelleher ... Stewart Goodman
Gina Hecht ... Dr. Briar
Andy Milder ... George's Doctor
Judyann Elder ... Holly Apelgren
Sarah Jane Morris ... Susan
Madison Pettis ... Connie's Daughter

■プロット:
 「神は7日で世界を作ったが、俺は7秒で自分の世界を壊してしまった」悲痛な独白のプロローグ。ベンは7人のリ

ストを持っています。ある条件に合致すれば、彼らの人生を変える贈り物を渡そうとしています。なぜ、彼らでなけ

ればいけないのでしょうか・・・・・。

■私的見所:
1.テーマとか構成とか・・・・
 (1)作品にこめられた思い(テーマ)- 3点/5点
 (2)作品の世界観への案内方法(ガイダンス要因)- 3点/5点
 (3)作品の展開/キーワードの持ち方(トリック要因)- 4点/5点

2.表現とか・・・・
 (1)映像は1に合っているか- 3点/5点
 (2)脚本や演出は1に合っているか-  3点/5点
 (3)音楽は1に合っているか-  3点/5点 

 ★本当にネタばれです!!

 冒頭、リビングで横柄な電話をかけているベンの後ろで泳ぐ美しいクラゲがラストの伏線です。いや~この映画は賛否両論にわかれると思います。だって、自分の体を献じて、ある人には角膜を、ある人には肝臓を、そして一番最愛の人には心臓を献じるのですから・・・・・。
 
 それにしても、7秒、携帯のメールを見ていたために、最愛の妻とバスの乗客を殺してしまったベン。彼は兄の名前ベンを名乗って、国税調査員の振りをして贈り物を渡す人が『いい人』かどうかをチェックしてまわるんです。最後に会ったのはEmilyという心臓疾患の少女。彼女の余命はあと数ヶ月。彼女と愛を交わした後、彼は救急車に電話をかけ氷の入った浴槽にクラゲを放し、その毒で自殺を図るんです。

 それにしても、たぶん勘のいい人は最初から予想できてしまうかも・・・。

スポンサーサイト
編集 / 2009.02.22 / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
プロフィール

リトル★ダック

Author:リトル★ダック
今、ここにいる自分、明日どこかにいる自分、そんな自分の合計が一生になっちまうんですねぇ~。














仕事が楽しくなる名言集

presented by 地球の名言

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。