スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
Red Clif Part2 舞台挨拶レポート
カテゴリ: 07.イベント
レッドクリフ Part2
 
 RedCliff Part2の舞台挨拶に行ってきました。この春はやっぱりこの映画。145分と長いんですが、前半からラストまではらはらしっぱなしでした。実はこの日、ジョン・ウー監督の舞台挨拶がありまして、それにも参加してきました。

 今回の司会は映画パーソナリティの伊藤さとりさん。毎回、会場を盛り上げるネタをよく考えていらっしゃるなと思うのです。伊藤さとりさんのお手伝いは周ピーと孔ピー。周ピーが時々後ろを向きながらバイバイって手を振るのが可愛かったですね。
 そして、今回の盛り上げネタは拍手をしながら、「ジョン・ウー、ジョン・ウー」と声援を送ってくださいというものでした。(私は拍手だけ参加・・・汗)

 ちなみに上のカードは入場者に配られたRedCliffのプレミアムカードです。

■関連リンク■
CINEMA TOPICS ONLINE :映画『レッドクリフ PartII 未来への最終決戦』ついに公開!初日舞台挨拶
伊藤さとりさんのオフィシャルブログ:
IMDB:Red Cliff Part2





 拍手と声援の中、にこやかにジョン・ウー監督が現れました。まず最初のご挨拶としては、こんな感じでした。

 「温かい応援に感謝しています。どうぞ楽しんでいってください。Part1はおかげさまで大ヒットしました。ありがとうございます。Part2はアクション、ストーリー、人間ドラマが見ごたえのあるものになっています」

 ■7回も来日しているそうですが、日本の印象は?

 「東京大好きで、来るたびに気持ちがおだやかになる」とのこと。桜がきれいなときに来ていただいて本当によかった。

 ■たくさんの取材を受けたと思いますが、印象的だったのは?

 「その中でも印象深いインタビューは福岡で受けた小学生2人のインタビューからだったそう。その小学生は鹿児島県からわざわざ3時間もかけてきてくれたんです。」

 監督はとても感激されたでしょうね!!

 「『日本で映画をとる予定はありますか?』というものだったそうです。監督は 「ぜひ撮影したい」と回答したところ、『是非、鹿児島県で撮影してください』と言われました。いつか鹿児島で作品が取れたらいいですね。」

 ところで、4月1日から初日の10日に至るまでずっとプロモーションの毎日だったそうです。インタビューを受けたメディアの総数はなんと550。

 ■Part2のヒットについてはいかがでしょうか?
 
 「ヒットするのではないかと感じています。マスコミの方々もたくさん支持してくれて、人間ドラマがよかったという声をいただいています。」

 ■DVDデータ1月号では、今までスティーブン・スピルバーグ監督だったのが、ジョン・ウー監督が1位に輝きました。おめでとうございます!!日本で最も愛される監督に選べれた感想はいかがですか?
 
 「アリガトウ。スピルバーグ監督は長年敬愛している監督ですので、非常に光栄です。今とても尊敬している監督は滝田洋二郎監督です。『おくりびと』を拝見して、知性と人間性にあふれた方だと思いました」

 ■日本の俳優で出演していただきたい方は?

 「高倉健さん、小林旭さんは私が影響を受けた作品に数多く出演されていますし、若手でいうと本木雅弘さんです」

 ■この映画の見所はどこですか?
 「火攻めのシーンです」

 ■最後にメッセージをお願いします。
 「Part1は友情、愛、勇気がテーマになっています。Part2は決意結束です。強い決意と結束があれば運命を変えることができます。是非作品を楽しんでください」

 その言葉どおり、映画の冒頭にも「この不況の中でのりきる力のヒントがこの映画にあります」というようなメッセージがありました。作中でよく引用さられるのは、「孫子」の「風林火山」そして、孔明は地を読み、風を読み、空気を読んで、反撃の機を掴んでいきます。これぞ娯楽大作、スクリーンでみるべき映画です。映画から元気がもらえました!!

スポンサーサイト
編集 / 2009.04.10 / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
プロフィール

リトル★ダック

Author:リトル★ダック
今、ここにいる自分、明日どこかにいる自分、そんな自分の合計が一生になっちまうんですねぇ~。














仕事が楽しくなる名言集

presented by 地球の名言

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。