スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
映画:「チョコレートファイター」(2008)
カテゴリ: 01.映画感想
■タイトル:「チョコレートファイター」(2008)
■公開日:2009年 4月15日
■鑑賞日:2009年 5月23日
■ジャンル:アクション
■お薦め度:★★★☆☆(4/5)
 新星ジージャーの胸のすくようなアクションがおすすめ。監督は『マッハ!!!!!!!!』でトニー・ジャーを世に送り出したプラッチャヤー・ピンゲーオ氏。エンディングでは映画のメイキングが流れます。イタイのが全開!ですが、だまされたと思って一度見てみてください。

■関連リンク:
オフィシャルサイト(日本)
ジージャーの特設サイト
IMDBサイト

■チラシ1
チョコレート ファイター チラシ チョコレート ファイター チラシ




(ご参考)監督の作品
マッハ ! プレミアム・エディション [DVD]マッハ ! プレミアム・エディション [DVD]
(2004/11/25)
トニー・ジャーペットターイ・ウォンカムラオ

商品詳細を見る




■監督:
Prachya Pinkaew

■脚本:
Napalee (screenplay)
Chukiat Sakveerakul (screenplay)

■音楽:
Nimit Jitranon
Rochan Madicar
Korrakot Sittivash

■主演:
JeeJa Yanin ... Zen (as Yanin Vismitananda)
Hiroshi Abe ... Masashi
Pongpat Wachirabunjong ... No. 8
Taphon Phopwandee ... Mang Moom
Ammara Siripong ... Zin
Dechawut Chuntakaro ... Priscilla
Hiro Sano ... Ryo (as Hirokazu Sano)
Aroon Wanatsabadeewong ... Ice Man / Factory owner
Anusuk Jangajit ... Candy Man / Shop owner
Nattakit Teachachevapong ... Pork Man / Slaughterhouse Owner
Kittitat Kowahagul ... Epileptic Boxer
Thanyathon Seekhiaw ... Fur
Pirom Ruangkitjakan ... Petch

■プロット:
 日本の大物ヤクザ、マサシとタイ人女性ジンを両親に持つゼン。自閉症の彼女はチョコレートとアクション映画が大好きな女の子。たぐいまれな身体能力で、ビデオで一度観たアクションをすぐに会得してしまう。ゼンはある日、最愛の母ジンが白血病に冒されていることを知る。多額の治療費を工面するため、ジンの手帳に記されていた金を貸している人々を訪ねて金を回収してまわろうとするが・・・・。
(以降ネタばれあり)

■私的見所:
1.テーマとか構成とか・・・・
 (1)作品にこめられた思い(テーマ)- 3点/5点
 (2)作品の世界観への案内方法(ガイダンス要因)- 3点/5点
 (3)作品の展開/キーワードの持ち方(トリック要因)- 4点/5点

2.表現とか・・・・
 (1)映像は1に合っているか- 4点/5点
 (2)脚本や演出は1に合っているか-  4点/5点
 (3)音楽は1に合っているか-  4点/5点
 
 ラストが暗くなってしまうのでは・・・・というのは杞憂です。やっぱり映画です。死にそうな状況になっても生き返ります。ストーリーはともかく、監督をはじめとするスタッフの思いが響いてくる映画です。アクションの作りも丁寧です。ジャパンプレミアでジージャーのアクションを見ました。『速い・・・』目にも止まらぬ早技というのはこのことなんでしょうね。

 制作する側の熱い気持ちがスクリーンを通して伝わってくる映画です。



スポンサーサイト
編集 / 2009.04.15 / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
プロフィール

リトル★ダック

Author:リトル★ダック
今、ここにいる自分、明日どこかにいる自分、そんな自分の合計が一生になっちまうんですねぇ~。














仕事が楽しくなる名言集

presented by 地球の名言

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。