スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
映画:「レイン・フォール / 雨の牙」(2009)
カテゴリ: 01.映画感想
■タイトル:「レイン・フォール / 雨の牙」(2009)
■公開日:2009年 4月25日
■鑑賞日:2009年 4月15日
■ジャンル:スパイアクション
■お薦め度:★★★☆☆(3/5)
  こんな東京もあるかも・・・・ちょっとファンタジックな感じですが、楽しめます。あとレインフォールロケ地ガイドなんてのがあると、いいなぁなんて思っています・・・・。

■関連リンク:
オフィシャルサイト(日本)
IMDBサイト

■チラシ1
レインフォール 雨の牙 チラシ レインフォール 雨の牙 チラシ




■監督:
Max Mannix

■脚本:
Max Mannix (screenplay)
Barry Eisler (novel)

■原作:
Barry Eisler (novel)
 (なんとこの方、元CIAで東京在住だそうです)

雨の牙 (ヴィレッジブックス)雨の牙 (ヴィレッジブックス)
(2002/01)
バリー アイスラー

商品詳細を見る


■主演:
Kippei Shiina ... John Rain
Gary Oldman ... Holtzer
Kyoko Hasegawa ... Midori
Misa Shimizu ... Yuko
Takumi Bando ... Ken
Akira Emoto ... Tatsu
Dirk Hunter ... Thomas Perryman
David McFall ... CIA Man #1

■プロット:
 朝のラッシュ時の地下鉄で、国土交通省の高級官僚、川村安弘が死んだ。死因は持病の心臓発作が原因だという。だがそれは、自然死に見せかけた殺人事件だった…。犯人は、日系アメリカ人で米軍特殊部隊出身の暗殺者、ジョン・レイン。これまで政財界や裏社会の重要人物たちを暗殺してきたレインには一つのルールがあった。それは、“女と子供はやらない”。川村の娘が標的になったとき、川村が所持していたメモリースティックを巡って、レインの運命が狂い始める――。

(以降ネタばれあり)

■私的見所:
1.テーマとか構成とか・・・・
 (1)作品にこめられた思い(テーマ)- 3点/5点
 (2)作品の世界観への案内方法(ガイダンス要因)- 3点/5点
 (3)作品の展開/キーワードの持ち方(トリック要因)- 3点/5点

2.表現とか・・・・
 (1)映像は1に合っているか- 4点/5点
 (2)脚本や演出は1に合っているか-  4点/5点
 (3)音楽は1に合っているか-  4点/5点
 
 海外の人の目から見たTOKYOの風景。とても日本とは思えないものでした。評価としては、あまり良くないようですが、ふとしたところの風景がとてもきれいで、私的には気に入っています。一番気になるロケ地は、二人が朝ごはんを食べるカフェですね。
 
 プレミアで見てきたんですが、Max Mannix監督は武芸の達人でもありまして、アクションの振り付けも彼がやっているそうです。本格的なアクションを椎名さんに要求したそうです。
 
 こんな東京もあるかも・・・・ちょっとファンタジックな感じですが、楽しめます。あとレインフォールロケ地ガイドなんてのがあると、いいなぁなんて思っています・・・・。




スポンサーサイト
編集 / 2009.04.16 / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
プロフィール

リトル★ダック

Author:リトル★ダック
今、ここにいる自分、明日どこかにいる自分、そんな自分の合計が一生になっちまうんですねぇ~。














仕事が楽しくなる名言集

presented by 地球の名言

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。