スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
読書メモ:超凡思考
カテゴリ: 02.書籍感想
超凡思考超凡思考
(2009/02/10)
岩瀬 大輔伊藤 真

商品詳細を見る


 今回、実家に帰ったところの書店でふと手にとってみた書籍です。実家にいるときのほうがリラックスしているんでしょうか。仕事上で、『どうも納得がいかない』と思っていたことがありますが、『もっと自信を持っていいよ』と背中を押してくれる本に出会えました。


 自分が実践しようとしたい点、でも、他の人と意見がぶつかる点は以下のとおり・・・・汗。
でも、まずは、本書の目次にあるとおり、『利他に生きることが幸せにつながる。信頼に基づく関係がすべての始まり』それをふまえて、努力をすべきですよね。自分にとって大事だなと思うところをピックアップしました。




<時間の使い方>
■全体像をつかんで、自分のポジションを知る。もっとも大事なことに時間をかける。

 →全体像をつかむのに個人差がありますね~。最近は、「たたき台を作るのは時間がかからないので、たたき台を作って、まず、思考を助けてあげよう」と考え方を変えていますが。

■メモをとり、瞬間ごとに感じ取る。具体論、各論にこそ、ヒントが潜んでいる。
 →その事象を深堀するべきだと思っていたのに、『それは各論で・・・』とエンドになることがあります。で、その各論のところで、問題の根本があったりするんですね~(^^;。これからは『ここにヒントがあるような気がするんですが・・・』と切り替えしてみます~。
 
■デッドラインを設定して決断する。原理原則があれば、後悔しない。

 →まずは方針確認が大事ですよね。アウトラインを作ってから、段階的に詳細を埋めていきます。ここはこの資料を使って・・・・と逃げ道を作りながら・・・・。こういうスタイルの私が間際に作業を始める人といっしょに仕事をするときは大変なんです。瑣末な部分から詳細に起こそうとするので、結局徹夜しても終わらないんです。



<情報整理>

■手の内は明かす。人に語れる情報に価値はない。勝負は別でする。

 →この言葉には目からウロコが落ちました。
 「勝負は別でする」はどういうことなんでしょうか。「自分が100を出して、相手から100を引き出したら、合わせて200になる。それが重要だ」というんですね。こういうスキルというのは、自ら情報出して、相手の意見を受け入れる訓練をしないと身につきませんよね。
 
 ビジネスの場面では、ファシリテーターが落としどころを設定し、そこに落としてしまうことが多いのですが、畑村洋太郎氏が主催する集まりで、畑村氏がファシリテーションをするミーティングでは、相手の情報を引き出して、自分の視点を加え、みんなで『新しい考え』を築き上げる・・・・そんなプロセスになるそうです。
 
■視野が狭くなったら、関心の幅を広げる。複合的に情報を蓄積する。

 →ネットでも同じサイトばかりを見ることが多くなりますものね。
 
■遠回りは遠回りではない。好きなものと長く付き合う。
 
 →これは勇気が出る言葉ですね。
 
■相手に合わせて論理を組み立てる。味方を増やすプレゼンテーション。
■想いを素直に表現すると、味方が増える。



<伝える力>

■信頼を得る5要素。積極性、社交性、専門性、個人的魅力
■ロゴスとパトスのバランス。役割を演じ分けると思いが伝わる。

 結局は、ぼけ(≒パトス)とつっこみ(≒ロゴス)ということでしょうか・・・・
 
 また、明日からがんばるぞっと~。





スポンサーサイト
編集 / 2009.05.05 / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
プロフィール

リトル★ダック

Author:リトル★ダック
今、ここにいる自分、明日どこかにいる自分、そんな自分の合計が一生になっちまうんですねぇ~。














仕事が楽しくなる名言集

presented by 地球の名言

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。