スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
映画:「花の生涯~梅蘭芳(メイ ラン ファン)~」(2008)
カテゴリ: 01.映画感想
■タイトル:「花の生涯~梅蘭芳(メイ ラン ファン)~」(2008)
■公開日:2009年 3月 7日
■鑑賞日:2009年 2月28日
■ジャンル:ドラマ
■お薦め度:★★★★☆(4/5)
 今、簡単にコピーが出回る時代だからこそ、本質的な『芸術』や『美』について、考えさせられる映画です。

■関連リンク:
オフィシャルサイト(日本)
IMDBサイト
Wikipedia-梅蘭芳

■チラシ1
花の生涯~梅蘭芳(メイ ラン ファン)~ チラシ 花の生涯~梅蘭芳(メイ ラン ファン)~ チラシ

■DVD
花の生涯 ~梅蘭芳~ スペシャル・エディション [DVD]花の生涯 ~梅蘭芳~ スペシャル・エディション [DVD]
(2009/11/20)
レオン・ライチャン・ツィイー

商品詳細を見る


(ご参考)
 実際の梅蘭芳の肖像が表紙になっています。佇まいが美しいですよね・・・・。
梅蘭芳ー世界を虜にした男ー梅蘭芳ー世界を虜にした男ー
(2009/03/06)
加藤 徹

商品詳細を見る







■監督:
チェン・カイコー

■脚本:
ゲリン・ヤン

■参考文献:
文化大使 梅欄芳 [DVD]文化大使 梅欄芳 [DVD]
(2007/01/21)
梅蘭芳

商品詳細を見る


■音楽:
チャオ・チーピン

■主演:
レオン・ライ   :メイ・ランファン(梅蘭芳)
ユイ・シャチュエン:メイ・ランファン(梅蘭芳)青年
(←私的にはこの人が好き~♪)
チャン・ツィイー :モン・ツァオトン(孟小冬)
スン・ホンレイ  :チウ・ルーパイ(邱如白)
 (メイ・ランファンの才能を見出す)
チェン・ホン   :フー・チーファン(福芝芳)
 (メイ・ランファンの妻)
 ワン・シュエチー :シーサン・イェン(十三燕)
 (メイ・ランファンの師匠。勝負に失敗し、そのまま死を遂げる)
イン・ター    :フォン・ツーコアン(馮子光)
ユィ・シャオチュン:メイ・ランファン(青年時代)
安藤 政信    :田中隆一
六平 直政    :吉野中将

■プロット:
 1894年10月22日に生まれ、清末から中華民国、中華人民共和国の時代を駆け抜けた京劇俳優、梅蘭芳の生涯を描く。北京に生まれ、本名は梅瀾(簡体字: 梅徙、・音: mei lan )

(以降ネタばれあり)

■私的見所:
1.テーマとか構成とか・・・・
 (1)作品にこめられた思い(テーマ)- 5点/5点
 (2)作品の世界観への案内方法(ガイダンス要因)- 5点/5点
 (3)作品の展開/キーワードの持ち方(トリック要因)- 4点/5点

2.表現とか・・・・
 (1)映像は1に合っているか- 4点/5点
 (2)脚本や演出は1に合っているか-  4点/5点
 (3)音楽は1に合っているか-  4点/5点 

 この映画で描かれるのは、芸術を愛する人たちの姿、梅蘭芳という女形を守る姿が描かれます。あるときには、それは男性として、芸術のパートナーである孟小冬との別れを強いられます。そこまでして、彼らが守りたかったのが、「梅蘭芳」という舞台上の架空の「女」、梅蘭芳だけが舞台に呼べる儚い「女」の姿を見たような気がしました。それは、異国にいるある田中すらも魅了し、彼は日本軍のために出廷を命じられた梅蘭芳を守るために、命を捧げて守り抜こうとします。

 それは単なる目に見える『美』というものではなくて、何か懐かしいもの、他の人とため息をついて共感できる民族が命をかけて守らなければいけない最高の『美』『芸術』であったのかもしれません。


スポンサーサイト
編集 / 2009.02.28 / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
プロフィール

リトル★ダック

Author:リトル★ダック
今、ここにいる自分、明日どこかにいる自分、そんな自分の合計が一生になっちまうんですねぇ~。














仕事が楽しくなる名言集

presented by 地球の名言

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。