スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
(2007/9月)これが行程と国境ダチア
カテゴリ: 05.旅行記
今回のクロアチア旅行行程です。

1日目 主な予定:移動
 11:45:成田発
 16:45:ドブロブニク着

2日目 場所:【1】Duburovnik(ドブロブニク)
 午前:ドブロブニク市観光
  ・フランシスコ修道院
  ・大聖堂宝物館
  ・総督府

 午後:コトル半日観光

3日目 場所:【1】Duburovnik(ドブロブニク)
 ドブロブニク市内周遊

4日目 場所:【2】Mostar(モスタル)
 ※移動中、ボスニア・ヘルツェゴヴィナの国境を越える
 モスタル観光

5日目 場所:【3】Trogir(トロギール) と Split(スプリット)

 シベニクからトロギールに移動
 トロギール市内観光
  ・聖ロブロ教会
 トロギールからスプリット移動
 スプリット市内観光
  ・ディオクレティアニス帝宮殿跡
 プリトビチェ着

6日目 場所:【4】Pritvicka(プリトピチェ)

 午前:プリトビチェ湖畔国立公園
 午後:ザグレブに移動

(ホテル シェラトン ザグレブホテル)

7日目
  午前 場所:【5】Postina(ポストイナ)
 ポストイナ鍾乳洞観光
    
  午後 場所:【6】Bled(ブレッド)
 ブレッド湖畔
  ・聖マリア教会
  ・フレッド城

8日目 場所:【7】ZAGREB(ザグレブ)
 ザグレブ市内自由行動
 日本に移動






image001.gif


(地図をクリックすると、拡大します)

 地図をみていただければ、わかるとおり、クロアチアを縦断、スロベニアを横断、そしてボスニア・ヘルツェゴビナには出たり入ったりしているわけです。また国境超えがもうスリリングで・・・・・!
 
 (1)セルビア・モンテネグロ(以降モンテネグロ)の検閲
   (条件:クロアチア籍のバス、日本人の観光客)
   クロアチアの国境 :運転手の申請のみでOK
   モンテネグロの国境:同上

 (2)ボスニア・ヘルツェゴビナの場合
   (条件:クロアチア籍のバス、日本人の観光客)
   クロアチアの国境 :運転手の申請のみでOK
    (1回だけ例外あり)
   ボスニア・ヘルツェゴビナの国境:入国審査官によってパスポートチェックが必要(審査官がバスに乗って、チェックする)

 (3)スロベニアの場合
   (条件:クロアチア籍のバス、日本人の観光客)
   クロアチアの国境 :運転手の申請のみでOK
   スロベニアの国境 :入国審査官のパスポートチェックとビザの押印が必要

 旧ユーゴとはいっても、1991年~1995年に内戦があった国々です。スロベニア国境では、前に走っていたバスがボスニア・ヘルツェゴビナから来たバスだったのですが、何かのチェックに15分ほど、荷物チェックに15分、12~3人いた乗客のチェックに10分余りかかっていました。これがクロアチア国境とスロベニア国境で両方行われるのですから、時間がかかるのなんのって。

 ちなみにそのバスにはCenterTransというロゴがありまして、イタリアとかスイスとかを中心のツァーをしている会社のようです。(私の印象としては、ちと運転マナーがあれなんです。日本でいうと悪名高い○泉ナンバー的というか・・・・(汗))

ではでは。

スポンサーサイト
編集 / 2007.09.16 / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
プロフィール

リトル★ダック

Author:リトル★ダック
今、ここにいる自分、明日どこかにいる自分、そんな自分の合計が一生になっちまうんですねぇ~。














仕事が楽しくなる名言集

presented by 地球の名言

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。