スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
映画:「ルネッサンス」(2006)
カテゴリ: 01.映画感想
ルネッサンス



タイトル:ルネッサンス(2006)
■鑑賞日:2007年7月14日
■ジャンル:アニメ&アクション
■お薦め度:★★★☆☆(3/5)(詳細は下に)
■監督:
Christian Volckman
■脚本:
Mathieu Delaporte
Jean-Bernard Pouy (adaptation)

■音楽:
ニコラス・ドット

■主演:

なぜダブルキャストになっているのでしょう??

Daniel Craig ... Barthelemy Karas (voice) (主人公)
Patrick Floersheim ... Barthelemy Karas (voice)
Catherine McCormack ... Bislane Tasuiev (voice)
  (誘拐されるAvalonの研究者の妹)
Laura Blanc ... Bislane Tasuiev (voice)
  (誘拐されるAvalonの研究者の妹)
Romola Garai ... Ilona Tasuiev (voice)
  (誘拐されるAvalonの研究者)
Virginie Mery ... Ilona Tasuiev (voice)
  (誘拐されるAvalonの研究者)
Jonathan Pryce ... Paul Dellenbach (voice)
  (Avaloneの副社長)
Gabriel Le Doze ... Paul Dellenbach (voice)
  (Avaloneの副社長)
Ian Holm ... Jonas Muller (voice) (Karasの同僚)
Marc Cassot ... Jonas Muller (voice)(Karasの同僚)
Jerome Causse ... Amiel & Dimitri (voice)
Rick Warden ... Amiel (voice)
Bruno Choel ... Pierre Amiel (voice)
Kevork Malikyan ... Nusrat Farfella (voice)(Karasの友人)
Marc Alfos ... Nustra Farfella (voice) (Karasの友人)


■プロット:
 2054年のパリ、そこは統制され監視され記録される世界となっていた。そこで、世間を席巻している一つの大企業がAvalon。彼らは永遠の若さと美しさを広告に打ち出している。ある日、その企業の優秀な女性研究者イローナ(Ilona Tasuiev)が何者かに誘拐された。karasは本部からの指令を受けて、イローナの行く手をつきとめようとするが、そこには思わぬ秘密が隠されていた。




■私的見所(ネタバレあり):

 なんといってもモノクロで繰り広げられるモーション・ピクチャーの世界です。白と黒だけでこれだけの表現力をもつとは、思いませんでした。オフィシャルサイトによると、この企画が起こったのは1999年9月10日、プロデューサーであるAton Soumache と監督のChristian Volckman、脚本家のMathieu Delaporte、Jean-Bernard Pouyとで出会うことによって、この企画が始まったらしいです。そして、この映像はCGとモーションキャプチャーのスペシャリストのMarc Mianceのビジュアルコンセプトです。彼はImaginia1998で「Project BW」という作品を制作し、選ばれたそうです。これがプロデューサーらの目に止まり、ルネッサンスの制作となったわけです。1999年当時、彼らは当時20代。まだまだ作品は少ないですが、今後の注目株です。それにしても、22歳で23億の制作費、よく集めましたよね。
 
 Marc Mianceが「アニメーションで実現できる最高のレベルで、実写のアクション映画と変らないものを作りたい」という夢は見事、この映画の中で結実していると思います。アニメーションの中にカーチェイスのシーンがあるのですが、「スピード」さながらにドキドキしました。
 
 物語も最後まで予測できませんでした。karasという人間については、あまり語られないんですが、彼の信条としたら、そうなってもおかしくない結末です。
 
 ぜひ、映画館で見てください。映像に酔ってください。私はもう1回この映画を見るつもりです。

■関連リンク:
オフィシャルサイト(日本)
Internet Movie Database

■評価について:
★★★★★(5/5) 必ず映画館で見て、DVDも買ってみるべし
★★★★☆(4/5) 必ず映画館で見ること
★★★☆☆(3/5) 見てみてまあ損はない
★★☆☆☆(2/5) レンタルで見たらいいかも
★☆☆☆☆(1/5) 特にみなくてもいいかも

スポンサーサイト
編集 / 2007.07.20 / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
プロフィール

リトル★ダック

Author:リトル★ダック
今、ここにいる自分、明日どこかにいる自分、そんな自分の合計が一生になっちまうんですねぇ~。














仕事が楽しくなる名言集

presented by 地球の名言

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。